スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BBショキは黒歴史なのか? その5

トリガーハートっ!!、・・・て何だったけ?

最近、ちょくちょく進めているビーダマンシリーズの第5回目。
連載回数が前回の積みビー崩しを超えたました。
まあ、1回の内容が短いですけどね。

今回、まずはトリガーを作ってきます。

そういえば、先の記事で作っている2機のトリガーって違うんよね、って語ってましたっけ。
んー、その違いを見ていければいいなぁ。

では、ライノさんのから見てきましょう。

ライノさん用

押せる部分が広い、大型のトリガーですね。
ワイドトリガーと言うそうです。
両指で押せるので、安定して発射ができますね。

次は、クロムさんの方をば。

クロムさん用

こちらは通常のトリガー。
ワイドトリガーと違い、押せる範囲が狭く、片方の指しか置けませんね。

んー、トリガーはバトビーに置いて結構重要ですね。
前回、バトビーの「ディレクトヒットバトル」という競技について語りました。
このバトルって、アタックポイントに当たらないように激しく機体を動かすんですよ。
その上、ビー玉も補充しないといかんわで、結構競技中はテンパるんです。
なので、トリガーの押せる範囲が広いっていうのは、かなりのアドバンテージだと思います。

そういえば、トリガーでも新しい発見がありましたね。

左:クロムさん、右:ライノさん

今回の1枚目の写真にある説明書で描かれているトリガーの止め具。
これの形状が違いました。
左がクロムさんの、右がライノさんのです。
何故形状が違うのかというと、進化の証なんですよ、コレ。

作ってみるとよくわかります。

ライノトリガー

クロノトリガー、って違うか

上がライノさんの、下がクロノさんのトリガーですね。

トリガーは、先の丸い止め具でパーツ同士を止めているようですね。
止め方は、止め具を回して止めているようです。

まあ、もう分かっているとは思いますが、
クロノさんのように完全に円形だと、激しいバトルで勝手に回り、トリガーが取れてしまう可能性があります。
しかし、ライノさんのように凹凸があると、そのようなことは無くなりますね。
これぞ、競技を考えた上での進化ってやつですね。
研究を怠ったらない、素晴らしいじゃないですか。

メタビーのときもこれくらい・・・(以下略)。

後で、コアと結合します

というわけで、トリガー完成。
我々がビー魂を込めて一番力を入れるのがトリガー。
たかがトリガーではなく、コアと同様に重要なパーツなので、
ちゃんと研究していただいているのは嬉しいな。

以上、トリガー編でした。
例のごとく時間が無いんで、今回はここまで。
んー、組み立てなのに、コアが全く出てこなかったなぁ。
まあ、見ておきたかったトコはもうやった感があるんで、たぶん次回は大きく進むと思います。
スパビーのように、それぞれが大きく違う個性を持っているわけではないですが、
これはこれでおもしろいですよね、バトビー。
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。