スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BBショキは黒歴史なのか? その8

手も足も出ないってのは、このことだぜ!

はいさいっ!
初期のバトルビーダマンを作ってみよう特集、8回目です。

とはいえ、すでに機体は完成はしてますんで、
ここからは主に観察のお時間です。

ライノさんが変形機能を持っているとのことなので、
今回はそれについて見ていこうじゃないか、というわけです。

変形2種

さて、どんな変形を行うかというと、
「ベーシックモード」、「低重心モード」の2種類とのこと。
読んで字のごとく、通常形態と、低重心になるという形態のようですね。

たいした変形じゃないなぁ・・・、とか言わないの。
競技用ビーダマンですからね、奇抜な変形されても困るんよね。

では、変形してきましょうか。

ライノさんのぉ、おみ足

といっても、足パーツの差し込み口を変えるだけ。
簡単ですねぇ。

左:低重心、右:ベーシック

一応、低重心(左)とベーシック(右)の比較をば。
んー、びっくりするほど低重心になったわけではないなぁ、と。

それでもカッコよさは失われない

で、組み立て直すとこげな感じに。
気持ち程度、やや腕が地面に近くなったかなぁ、と。

両雄またまた並び立つ

ういっ、さらに通常の別のバトビーと比較。
低重心側は、発射口も低くなってるのがわかりますね。

ライノさんの場合、ホルパの爪によって発射したビー玉にドライブがかかるので、
早めに地面にビー玉を接地できるのは、かなりのアドバンテージになるかと思います。
実際、試し打ちをした感じ、ライノさんの方が速かった気がしますね。
まあ、カラすけの主観ですがね。

はい、ライノさんの変形機構でした。
簡単な変形でしたが、競技用としてはかなり実用的な変形だったと思いますね。
いやはや、バトビー初期は奥が深い。

さて、次でもう完結できそうですね、このシリーズ。
背面とか写してなかったんで、そういうのを載っけときたいかなぁとかなんとか思ってます。
では、次回の完結編にレッツ・コンバイン!
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。