スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレジャナイベイ その3

prev コレジャナイベイ その2



この解放感

さて、「ハイスピードバトルゴマ スピンブレード」展覧会、3回目です。
今回は、中身を見ていきましょうかね。

まずは、カラすけ一押しの「リバイアサン」から引っ張り出してみましょう。

・・・。

何だろうか、この何とも言えない気持ち。
外側から見えない部分は、シューターが収まっているだけです。
んー、何だか寂しい。

このぉ、収納上手ね

そして裏側に、ベルト(ワインダー)とガムが収まってます。
このベルトを極力曲げないようにという配慮で、箱が長方形なんでしょうかね?
そう考えると、先ほどの物寂しさも半減しますね。

スピブレ4天王

さて、全部取り出しみました。
もう写真でお分かりかと思いますが、内容物は4つです。

せっかくなので、1つずつ見ていきましょうかね。

表スピブレ

裏スピブレ

まずは、メインであるスピンブレード本体です。

最近よく見ているベイに比べると、2回りくらい大きい感じです。
でも、軽いんですよね。
メタルよりかは、爆転に近い感じなのかな。

無気力な目をした魚がとてもキュートですね。

表シューター

裏シューター

お次は、ハイブリットシューター。
スピンブレードを打ち出す装置ですね。

ネジが見える方にスピンブレードをセットして、シュートします。
反対の方は、スピンブレードを改造するときにツールとして使えます。

ちなみに、そういう意味(↑)でハイブリットという意味ではなく、
左右の回転に打ち分けられるという意味でハイブリットですよ。

ワイのワインダー

で、次はベルトですね。
ワインダーと言いたいんですが、スピブレではベルトということらしいです。

比較

特に、意味もなくベイブレのワインダーと比較。
若干、スピブレのが短い感じです。

しかし、似てますね。
まさかの互換性があるかと思いきや、さすがにそれはできませんでしたね。
似て非なるものなんですねぇ。

右回転時

左回転時

先ほどのシューターと合わせてベルトをセット。
単純にして、最高の打ち分けかたの仕掛けですね。
たしか、・・・晩年の爆転のベイもこんな感じだったなぁ。

表ガム

裏ガム

最後に、ガム(お菓子)です。
これがあるから、食玩売場で売れるという強みが出るんですね。
まあ、これのせいで玩具売場で売りづらくなるんでしょうけど。

絵柄は、シンデレラかと。
おとぎばなしフーセンガムってことは、
他にもいろいろ種類があるんでしょうね。
いや、そこまで興味はないんですけどね。

さて、内容物が全て出そろいましたが、
こういう食玩にしては珍しく、改造なる拡張的な的なことができるようです。
というか、分解ですね。大概、くっついてるもんですからね。

なので、分解できるとこも見ておこうとな。
ついでに、各部の性能とやらもね。

セッタァップ!

先ほども書きましたが、分解にはシューターを使います。
エンブレムボルトという部分に、シューターのツールをセットし、バラしていきます。

バラバラーンス

分解は、大きく5つまで可能なようですね。
つまり改造というのは、これらを交換していくわけですね。
なるほど、オモシロい。まあ、全2種ですけど。

では、各部をえっちらおっちら見てきますね。

確かにボルト

まさしくボルト

まずは、「エンブレムボルト」という部分。
これが、一番下のスピンスパイクまで貫いて、
スピブレ全体を固定しているようですね。

デザイン的なものかと思いきや、意外と重要な部分なのね。

んー、やる気のない目だなぁ

裏はデザイン的にやる気なし

次は、「可変式ウエポン」という部分。
コマとして生まれた時から、ぶつかる運命になっている部分ですね。

可変式とありますんで、一部が動きます。

あの部分はクジラかなぁ

リバさん的には、外側の単色の魚が前後に、
よくわからない風車のような部分が回転、という感じの可動です。

んー、これは他のとの差別化かな?

ウェイト

お次は、「メタルウェイト」という部分。
名前から受けるイメージよりは、軽いです。
いや、ホントに軽い。

ビルではない

ウィルという言葉を使いたかったんじゃないだろうか

次いってみましょうか、「ボディウィル」という部分。
まあ、コマですから、こういう中心に向かっていくという形状は当然ですかね。

特に、今は言うことはないですね。
まあ、後で言いたいことはありますけどね。

Fですね

ネジ穴です

最後は、「スピンスパイク」という部分です。
コマの軸となる部分ですね。
かつ、エンブレムボルトがここまで貫いて、
スピブレを固定するという縁の下の実力者。
形状的に、フラットですね。今で言う、アタックタイプ。
あとは、金属軸ってことが特徴でしょうか。

さて、バラしてみました。
なかなかポイントを押さえたバラけ方ですね。
頑張ってます。


では、次は「サラマンダー」も見てみよう!、・・・と言いたいとこですが、
力付きましたんで、また次回にでも、と。



next コレジャナイベイ その4(完)
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。