スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シスプリ・ディスコグラフィ



実家にも同じものがあるのですが、
ついついシスプリCDが中古で投げ売りをされてると買ってしまいます。

100円ショップでCDを壁に飾れるやつを買って飾ってみました。
いいですね。、ごくいいです。CDは目でも楽しむべきですね。
さて、シスプリCDで思うことがあります。



なぜ、キャラソンのように、妹1人に対してCDを1枚割り当ててくれなかったんでしょうか。



たいがい12人一緒か、分けても何人かまとめてですね。
「愛が足りねえぜ!」ですよ。
あの時代にキャラソンという考え方が無かったわけではないでしょう。
どうして、CDジャケットが「凛鈴」ちゃん単体で出せなかったんですか、という個人論でした。
まあ、プリピュアのDVDの方で単体で出てましたんでそれでいいかもしれませんが・・・。


あと、CDの話をしますと、「どの曲が一番好きですか」という話題になりますね。
カラすけとしては、一番はないです。全て一番です。ハイ、全てです。
これだとそこで話が終わってしまうんで、(マイシスを決めるようにとりあえず)どれか選ぶとするなら、
PS用『シスタープリンセス』でEDとして使われた『shining★star』ですね。

この曲、ゲームのEDでフルコーラスで流れます。
しかも、スキップできないし、セーブもその後でしかできないしで、何度も聞いていました。
その洗脳効果で選んだわけではないですよ。
カラすけの個人解釈になりますが、実は「さみしい曲」なのです、コレ。

タイトルの「shining★star」は「妹たち」を指しています。
光り輝くようなイメージですが、あくまで大好きなお兄ちゃんを照らすだけなのです。
あくまで「妹」、「恋人」ではないのです。それは、これからも、・・・ずっとなのです。


宝石になれない 私だけど ちいさな光で守るよ いつでも
冷たいこの指を ぎゅっとつないだ 手のひらを 離さないで すこし


妹たちはそのことをわかっているようです。
だからこそ、ワガママでいられるこの時間に、お兄ちゃんに思いっきり甘えているのです。
他の人から見たら異常にうつる行動も、別れを覚悟しているからなのです。
その時に、後悔しないように・・・。

ゲームでは「実は血が繋がってなかったの」という逃げ道があります。
しかし、この曲をEDに使っているということは、やはりシスプリは、「妹」としておわる物語というのが真説ではないでしょうか。

シスプリは、ただの奇抜な妹萌えものではない、そう訴えている気がします。

カラすけは、この曲を聴くと涙が出てしまいます。
このやさしくて、愛おしくて、せつない物語を思いながら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。