スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わー、すげーベイだー



タカラトミーアーツ、
先に紹介してきたカプセル ベイブレードシューターといい、
バトルネードといい、最近何かとお目にかかっておりますね。
で、今回も同じとこから気になったものをば。


「THE バトルベイダー」です。
カルセルトイで、1つ100円です。


名前と形状から、この頃流行りのアレに似てて、
すでにやっちまった感が漂ってます。

でも、今回はちょっと違うんよね。
まあ、個人的評価ですけどね。

other20100418DSCF0052.jpg

そういえば、前情報がチラチラ出ていましたね。
しかし大体、真上からの画像で全体的なイメージがつかめない、と。
あと発売日も4月に延期してたんだっけな。


そんなこんなで、あまり期待はしてなかったんよね、と。


まあ、前置きはそこそこに、
実物を見ていきましょう。

other20100418DSCF0053.jpg

で、これが実物と内容物。

最近流行りのアレに似たやつと、
「ビット」と呼ばれる3つの棒のようなものですね。

んー、ここまで見るに、
アーツさん、またやっちまったかなぁとか思ってったんですが、
ここからが違いましたね。

other20100418DSCF0054.jpg

アレの裏側を見ると、
何とタイヤがありました。

あれっ・・・、アレじゃないの?

other20100418DSCF0057.jpg

さらには、そのタイヤ、
プルバック走行します。

アレというより、チョロQよりなの?

んー、ちと想像の上をいってました。
もう、新しい玩具として見るべきなんでしょうね。

なんだかワクワクしてきました。
さて、どう遊ぶんでしょうか。

other20100418DSCF0064.jpg

付属の取説を見るに、どうやらバトル系の玩具っぽいです。

相手を用意して、上手く本体を操り、
相手の本体を落っことしたほうが勝ちという感じ。

スリープアウト的なことは書いてないんで、
その場合は仕切りなおしなんでしょうかね。

遊び方はアレっぽいのね。
だから名前が似てんのかなぁ。

で、問題がここで1つ。


この本体、直進しかできないんだけど、
・・・どうすんのさ?、ということ。


ご心配無用、今回のアーツさんは一味違いました。
ちゃんと、その点は考えられております。

other20100418DSCF0056.jpg

その対策が、本体裏にある穴と、
付属品の3本の「ビット」棒です。

other20100418DSCF0061.jpg

どうやら、本体裏の穴にビット棒をさすと、
本体の動きを制御できるようです。



な、なんだってぇぇ!



・・・といっても、よくわかんないですね。
具体的に見てみましょうか。

other20100418DSCF0065.jpg

えっと、とりあえず進行方向外側の中心にビット棒をさしてみました。

other20100418DSCF0067.jpg

これで動かすと、前方側が浮き上がり、
安定して前進します。

ちなみに、このビット棒が無いと、タイヤの場所上、
進行方向に前のめりになることがあり、安定感がなく前後にフラフラします。

ビット棒1本さすだけで、だいぶ変わりましたね。

other20100418DSCF0071.jpg

今度は、中心を避けて、左右の片方に、
タイヤを挟んで2本ビット棒をさしてみました。

other20100418DSCF0069.jpg

ちなみに、2本のビット棒は、タイヤよりも高くなってますよ。
さす深さもちと変えられるっぽいのでね。

other20100418DSCF0072.jpg

すると、タイヤの片方だけが地面に着いて、
もう片方が浮いている状態になりました。

この状態で動かすと、
地面に着いている方のタイヤを中心に、本体がスピンします。

な・る・ほ・ど・ね、
ビット棒のさし位置、本数によって本体が制御されるわけですね。
で、そうやって整備した本体を戦わせるわけですか。

自分の思い通りに動かすために、ビット棒の位置を試行錯誤し、
対戦時には、相手の動きを読んで作戦を選ぶ、
結構奥深そうな玩具ってことですかね。

カラすけ、そういう玩具嫌いじゃないですよ。

安直な流行りの亜種ものかと思いきや、
今にない対戦玩具をお求めやすい価格で提供してるんですね。

何だか、アーツさんに対する印象変わりましたね。
まあ、今まで出会ったものが、たまたまソリが合わなかったんですかね。

other20100418DSCF0074.jpg

「THE バトルベイダー」でした。

遊べるカプセルトイとしては、なかなかのものではないでしょうか。
まあ、想像を裏切られた分の驚きで、贔屓目になってるかもしれませんが。

ただ、ビット棒が小さいので、小さいお友達の誤飲の危険性や、
ビット棒を紛失しやすそうだなぁという気が。
また、制御の幅もそんなに無いかなという感じもしますね。
それに、ぶつかったところで地味だったりします。
狭いテーブルの使用を推奨なんでしょうかね。

まあ、何にせよカラすけ的にはいいものかと。
なので、名前に騙されて、買われてしまい、
酷評されないことを祈っております。
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

復帰おめでとうございます。というかお久しぶりです。
タカラトミーアーツは旧社名ユージンの頃からの恒例で相変わらず斜め上か斜め下にぶっ飛んでますね。安心安心。
遊び方、工夫の仕方はクラッシュギアに近く、動力はチョロQ、そして形状はベイに近いなんて滅多な頭じゃ思いつかないものです(笑)
バトルさせる時は写真の感じからして同社の出してるカプセルベイのスタジアムが丁度良さそうな感じですね。もしくは普通のベイのスタジアムとか。

>かなむらさんへ

ああ、お久しぶりです。
すいません、ご心配頂いけていたようで。

そうですね、根幹には「クラッシュギア」の要素がありそうですね。
確かバンダイさんのでしたっけ。
そして、かのバトルネードは「ハイパーヨーヨー」の要素が。
それもバンダイさん。

最近のタカラトミーアーツさんは、バンダイさんが好きなんでしょうか。

あと大きさは、直径的には今のメタルファイトのベイとタメはるくらいですが、
あまりぶつかってくれないので、カプセルベイのスタジアムがいい感じです。

コメントありがとうございました。
プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。