スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディシプリン!!!

ありゃ?
いつの間にやらアクセスカウンタ-が10000超えてました。

んー、自分のために開設したブログが、
夢の大台に乗れようとは・・・。

これも、ボチボチと訪れてくれた方々のおかげですね。
ありがたいです。

しかし、ウチのブログって、
結構テーマがブレているんですけど、
訪れている方々は、ウチの何を見てくんだろうか・・・。

まあ何にせよ、おめでたいっ!
とりあえず、お祝いですね。

とはいっても、ケーキでお祝いというほどではないので、
こんなもんで代用しようかと。

oth20100429DSCF0077.jpg

「ギガプリン」です。

oth20100429DSCF0078.jpg

某ドンキさんで、1000円以下のお値段でした。
たぶん定価は3000円くらいしたような。

プリン約20個分の巨大プリンが、お家で手軽に作れるやつですね。
結構、メディア的にも取り上げられることもあったので、
知名度はそこそこあるようです。

そういえば、こいつは玩具コーナーに置いてましたね。
こういうのをクッキングトイと言うそうな(おそらくね)。

トイと言っても、いろいろあるんですねぇ。
まあ、こうやって楽しんだものから夢を描いていく人もいるわけで、
どんなトイの形態にしろ、侮っちゃいかんわけですよ。


さて、前置きはこのへんで、
お祝いムードを味わうことが目的なんで、作っていきたいと思います。

ちなみに、カラすけは料理をしない子です。
以下をご覧になる方は、そのへんを頭の片隅に入れて、
優しい目で見守ってやって下さい。


まずは、準備から。
「ギガプリン」は、それだけで全てが済むというわけではなく、
他に用意するものがいるそうな。

oth20100429DSCF0079.jpg

で、それがここ(↑)に書いてあるものです。

うんっ、一人暮らしの家に2リットル以上の大きいボールなんて、
そう置いてるもんじゃないんだけどなぁ。

早くも、ちと挫折ぎみです。

th20100429DSCF0083.jpg

ええい、ままよっ!

そんくらいの調理具なら代用品の目星があるわっ、
と、先に進むことにします。

oth20100429DSCF0084.jpg

内容物は、粉もん2袋とギガスプーン1本、
それと作り方の説明書ですね。

んー、今時は、
粉もん2袋でプリン作れちゃうんですね、驚きです。
何も知らないちっちゃい子が見たら、魔法の粉だと思っちゃいそうね。


用意と確認は終わった、と。
では、説明書にそって作業を進めていきましょう!


oth20100429DSCF0086.jpg

まず、大量の熱湯に粉もん1袋を溶かして、滑らかになるまで混ぜるそうな。

で、溶かす粉もんというのはプリンミックスで、
プリンの黄色んとこになる部分ですね。
なかなかに量があるようで、ズシリと重いです。

ベースというか、プリンの大部分を占めるとこなので、
大事にいきたいとこです。

oth20100429DSCF0097.jpg

さて、こいつを入れる大きいボールが無いということでしたが、
代用品として鍋を使おうかと思います。

ただ、1.6リットルも入るかなぁ、これ。

oth20100429DSCF0098.jpg

プリンミックスお鍋に投入。
舞い散る粉とともに、砂糖のような甘い香りが。

んー、幻想的な光景が広がってましたが、
意外と粉の量が多く、この粉と熱湯1.6リットルがホントに鍋に入るのかというのが心配で、
それどころじゃなかったです。

では、その時一番の関心事、熱湯を投入したいと思います。

oth20100429DSCF0099.jpg



どじゃぁー。



ああ・・・。

んー、言いたいことはいろいろあるんですが、
ウダウダ言ってももう仕方がないんで、
このままつっきることにします。

oth20100429DSCF0103.jpg

そっと、付属品のギガスプーンで混ぜること10分、
だいぶ溶けてきたかと思います。

なんだか、インスタントのコーンスープみたいね。
ただ、ちらほら底に溶けてない塊がちらほらと。
・・・見なかったことにして、次に。

oth20100429DSCF0087.jpg

今の溶かしたやつを、容器に入れ込むそうな。

oth20100429DSCF0104.jpg

鍋ギリギリなんで、お玉で少しずつ入れ替え。
5分かけて、やっとこさ入れ替え完了。

んー、ちと時間かけすぎなんでしょうかね。
やけど注意の文言も虚しいくらい、冷えてきてましたけど。

oth20100429DSCF0088.jpg

さてさて、お次はカラメル作りだそうな。

oth20100429DSCF0106.jpg

これまた粉もんを溶かして作ってきます。
その名もカラメルミックス、これまたズシリと重いです。

oth20100429DSCF0108.jpg

袋をあけて容器へ。
コーヒーキャラメルのような香り(?)が広がります。

oth20100429DSCF0111.jpg

熱湯を注ぐと、さらに香りは倍増します。
しかし、プリンのカラメルってこんなに黒々ドロドロしてましたっけ?
作ってると、何だか不安になってくんですけど。

oth20100429DSCF0092.jpg

で、これをプリンミックスの入った容器に入れてくわけね。

oth20100429DSCF0113.jpg

で、カラメルを入れた後がこいつです。

カラメルは底に沈んでくんですね。
そこは化学的にアレだから、混ざらず沈んでくとかあるんでしょうね。


プリンミックスの際もそうだったんですが、
プリン容器に移す際、移し終えた後の鍋底などにドロドロの塊が残ってましたね。
やっぱり、それって溶けきれて無いヤツなんだろうね、・・・ダメじゃん。


そういえば、この後「あら熱」をとるってなってますけど、何でしょうかね、「あら熱」って。
「あらゆる物に対する情熱」でしょうか?
それ、取っちゃダメですけどね。

パソコンで調べると、「手で触っても熱くないぐらいに冷ますこと」とのこと。
この場合の手で触ってもって、ケースのことなんか、溶液のことなんかわかりません。
ケースなら、のんびり作業してたおかげで、すでに冷めてるんですけどね。
じゃあ、とりあえず、「あら熱」はとったということで。

oth20100429DSCF0090.jpg

一抹の心配を残しまくって、これにて作業は終了と。
後は冷えて固まるのを待つだけです。

oth20100429DSCF0114.jpg

結構、冷蔵庫内の場所を取ります。
こういう特は、一人暮らしの何もない感じが役に立つのね。

oth20100429DSCF0115.jpg

よし、あとは10時間ほど待つだけ!

oth20100429DSCF0095.jpg

まあ、暇なんで、説明書の裏の4コマでも眺めておきましょうかね。

oth20100429DSCF0116.jpg

そんなこんなで朝チュンです。
果たして・・・。

oth20100429DSCF0117.jpg

で、これがそれ。
がっつり冷えて、心なしか10時間前より重い気が・・・。

問題は中身ですね、さてさて。

oth20100429DSCF0118.jpg

か、かっ、・・・固まってる。
弾力は、ちゃんとプリンとしてます。
これは期待していいんかな。

oth20100429DSCF0091.jpg

さて、最後にお皿にひっくり返すという大仕事が待ってます。
調理工程ではないんですが、説明書に載るくらいなんで、大事なんでしょう。

oth20100429DSCF0120.jpg

お皿をセットタァップ!

oth20100429DSCF0121.jpg

クルリとします。
落ちてきません。

試行錯誤すること2、3分ずるりと何かが落ちる感触が、
キタコレ、来ましたよ。
ここは、期待と不安でよくわかりませんが、
何となくテンションが上がります。

では、お披露目です。
これがギガプリンだぁぁぁぁぁぁ!

oth20100429DSCF0122.jpg





あれ?





oth20100429DSCF0124.jpg

何か、もっとこうキレイな感じで出ないの、コレ?
カラメルが、でろろーんとなってます。

oth20100429DSCF0123.jpg

容器にも残ってるし。
まあ、そこいらはカラメルの量を調節すべきだったんでしょうかね。
いや、全部入れるのが人情でしょうよ。

プッチンプリンとか見慣れてるせいか、何となくプリンという感じはしないです。
んー、何と形容すればいいかわかんないですね。

oth20100429DSCF0125.jpg

あっ、裏側がキレイだったのでそちらでパシャリ。
こっちだと真っ当なプリンっぽいです。

oth20100429DSCF0127.jpg

ということで、完成です!

スプーンが付属のデカイやつなんで、
ぱっと見、分かりづらいと思いますが、
やっぱデカイです。ホールケーキくらいはありますね。

ずんぐりしてますが、奥行きがあるので、
生で見たときの迫力がスゴイことになってます。

まあ、何にせよ完成してよかった。
手際うんぬんは置いといて、ホントに簡単に作れるもんですねぇ。
これなら他のクッキングトイも挑戦してみたいという気も起りますね。
商売上手ね、タカトミさんは。

oth20100429DSCF0128.jpg

では、10000アクセスを祝って、いただきます。

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・ん?

・・・・・・・・・・・・んー。

プリン本体の味、薄くない?
甘さ控えめというレベルでなくて。
寒天です、これじゃ。

んー、どうやら混ぜ方が不足気味で、
プリン本体の味にバラツキが生じてしまったようです。

で、だいたい味が薄いという感じ。
鍋底に残った塊のツケがきたんでしょうね。
不味くは無いんですよ。
かといって、おいしいかというとそうでもない。

oth20100429DSCF0130.jpg

そして、この量。

正直、プリン20個分ってなめてました。
食べきると賞金が出るレベルのアレですね。


これは何て「ディシプリン(試練)」?


まあ、でも、もったいないんで、
3時間かけて頂きました。

んー、そういえば、
カラメル部分は、何でかびっくりするぐらい甘かったですね。
本体にこれをつけて食べるのを想定して、プリン本体は味薄かったかもしれませんね。
でも、そんな食べ方の指定は無かったんで、やっぱり作り方がまずかったんかなぁ。

oth20100429DSCF0080.jpg

ええと・・・、結論的に、
ギガプリンは1人で食べちゃダメって事ですね。
特別な日にしたって、1人ではお勧めできません。

あと、簡単に作れますが、少しでも料理に精通している方がいれば、
その方にやってもらうのが吉かと。
やはり大事なのは、食べる前の笑顔ではなくて、食べたときの笑顔ですよ。
微妙だと、・・・ねっ!

oth20100429DSCF0129.jpg

さて、10000アクセスのお祝いでした。
結果的に、グダグダです。
カラすけのひねくれブログ「ぐれたかほ」、
こんな感じで今後もやってきたいと思います。
お暇な方は、これからもよろしくお願いしますね。
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コレ自分も買いましたよ~
失敗しましたけど…
最後まで固まらないで水溶液に固体がプカプカ浮いている状態になりましたorz

>ボンちゃんさんへ

んー、失敗はツライですね、
量が量だけに。

やはり、クッキングトイって、
敷居が若干高めなんでしょうかね。

コメントありがとうございました。

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。