スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理路雑然

other20100510DSCF0109.jpg

なぜ山に登るのか?
そこに山があるからです。

なぜ苦労して並べたものを倒してしまうのか?
そこに達成感と快感があるからです。

other20100510DSCF0080.jpg

other20100510DSCF0081.jpg


そんなこんなで「オートビルダーマシーン」です。
まあ、ドミノ倒しですね。


中古リサイクル店で購入しました。
「販売元が株式会社スクラッチ」、「バーコードが無い」という点から、
アミューズメントの景品っぽいですね。

何だかドミノ倒しが無性にやりたくなったんですが、
社会人には何だか時間が取れません。
要は、苦労して並べる暇や気力が無いわけですね。

で、そんな頑張る社会人を応援してくれるのが、
この「オートビルダーマシーン」。
なんと、こやつは自動でドミノ牌を並べてくれるそうです。

other20100510DSCF0101.jpg

まあ、ドミノ倒しといえば、
食玩もので、こういうのもウチにはありましたね。

other20100510DSCF0102.jpg

こいつは、ドミノ牌がレールに結合されています。

other20100510DSCF0103.jpg

で、一方向にしか倒れません。
ドミノ牌もバラけませんので、おかたずけも楽々です。

ただ、レールを並べてドミノ倒しを行っていくので、
自由度という点では、レールの組み換えくらいしかありませんね。

まあ、楽しいといえば楽しいし、
時間も少なくサクサク遊べるんですが、
創造力や達成感を満たすには、ちと足りないかと。

要は、手軽に、かつ少し本格的にドミノ倒しがしたいのです。

other20100510DSCF0082.jpg

では、さっそく。

内容物はドミノ牌、謎の車こと「オートビルダーマシーン」、
それとオプションパーツですね。

other20100510DSCF0105.jpg

まずはドミノ牌。
プラ製で軽く、風が吹けば桶屋が儲かるよろしく、
単体では、ちと頼りなげな感じです。
んー、倒れやすくってのはありますからこんなもんでしょうかね。

other20100510DSCF0120.jpg

other20100510DSCF0121.jpg

そしてお次は、メインのオートビルダーマシーン。

結構な大きさがあります。
大人の手のひらに収まるくらいでしょうか。
デザインも丸みをおびていて、POPな感じです。

other20100510DSCF0117.jpg 

で、こやつ、気になる点がいくつかあります。

車の上部に、青いボタンと緑のハンドルのようなものがあります。

青いボタンは、電源のON/OFFスイッチで、
押すたびに切り替わります。

other20100510DSCF0118.jpg

other20100510DSCF0119.jpg

で、緑のハンドル。

車の前方のタイヤと連動しているようです。
左右に回すと前方のタイヤも左右に動きます。

このハンドルによる前輪の制御、
これがオートビルダーマシーンのプレイバリューを上げてます。
まあ、それはまた後ほど。

other20100510DSCF0116.jpg

あと、大事な点がもう少し。
本体上部の溝と、後部の出口です。

まずは、本体上部の長方形の溝。
まあ、外箱の写真からすでに分かっているかと思いますが、
ここにドミノ牌をセットしてきます。

で、そのドミノ牌が後部の出口から出てくるわけです。

other20100510DSCF0140.jpg

もう一度、簡単にドミノ牌を並べる仕組みをば。

上部から入れられたドミノ牌を後方に押しやり、
後方の出口から出していくというだけですね。

仕組みは大雑把ね。

other20100510DSCF0122.jpg

では、実際に遊んでいきましょうかね。

まずは、車上部に差し込むドミノ牌レールをご用意。

other20100510DSCF0126.jpg

分割し、中にドミノ牌を並べていきます。
意外とコロコロ動いてメンドクサイ作業です。

other20100510DSCF0127.jpg

まあ、とりあえず、このあたりで十分でしょう。

other20100510DSCF0130.jpg

で、レールを閉じます。

この段階で、設置したドミノ牌が下に落ちることは無いようですね。
一番下のドミノ牌は、スライドして横方向には取り出せるようになってます。

other20100510DSCF0131.jpg

ではレールを車にセット。
これで、準備は完了です。

other20100510DSCF0132.jpg

ちなみに、レールを閉じた段階で、
上部にドミノ牌が入りそうな感じはしますが、

other20100510DSCF0133.jpg

狭いのか、ちょっとやそっとでは入りません。
ドミノ牌が無くなったので、上部から補給というのはできないようですね。
補給時は、レールを開いてドミノ牌をまた並べると。
んー、それはちと面倒ね。

まあ、それはいいとして、発進と。

other20100510DSCF0099.jpg

other20100510DSCF0100.jpg

んー、ドミノ杯牌の並べ方は見事です。
単3電池2本という安い賃金の割には、中々繊細なお仕事してくれます。

その様を見るだけでも、楽しいですね。

other20100510DSCF0134.jpg

さて、緑のハンドルを切った状態で、進めてみました。

すると、カーブを描きながらドミノ牌を並べてくれてます。
おお、つまりハンドルによって、ドミノ牌をある程度自由に並べられるんですね。

other20100510DSCF0137.jpg

これによって、ドミノ牌の並びの自由度が格段に上がります。

ただ、あまりカーブを強くすると、
後部の出口はまっすぐに押し出しているだけなんで、
カーブしようとする車本体に、押し出されたドミノ牌がぶつかって、
並びがイビツになりますね。

まあ、それでも、ある程度クネクネできるので、
手軽に、ある程度ドミノ牌を思い通りに並べられるのはいいですね。

other20100510DSCF0139.jpg

あと、ちゃんと倒れてくれます。
ホント、ビルダーさんいい仕事してます。

other20100510DSCF0113.jpg

あとは、最後に語ると言った、オプションパーツですかね。
スタートやゴール、橋など、ギミックのあるものがいくつかついてます。
しかし、この上にドミノ牌を並べるのは手作業になります。
んー、ドミノの苦行を味わう入門としては、なかなかイイ感じじゃないでしょうか。

other20100510DSCF0107.jpg


「オートビルダーマシーン」でした。


まあ、一番いいのは苦労して自分で並べることだと思います。
でも、ドミノ牌を自動で並べていく様を見るのは、それだけでも楽しいのです。
あのよくあるラッパや太鼓を演奏するおもちゃのような感じでもある、ってとこでしょうか。

今回のはアミューズのものでしたが、
たぶん似たようなものは玩具売り場にはありそうな気がします。
不器用だという方でも、ドミノ倒しの快感を手軽に味わえますので、
一度は体験してみるのもいいかもしれませんね。

ただ、最後に繊細なおかたずけを要求されます。
まあ、家に帰るまでが「遠足」、かたずけるまでが「ドミノ倒し」ってことですね。
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。