スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その威力に反逆する! その6(完)

prev その威力に反逆する! その5




「スーパービーダマン・オレンジボンバーマン」、
通称「リターンスペシャル」組み立て感想戦最終回です。

また放置してました、・・・それも1ヶ月近くも。
んー、部屋の整理やら何やらで埋もれてたからかな。
まあ、言い訳はこの辺で。

さて、組み立ては終了し、
「キテルンモード」と「バトルンモード」に変形できるよ、
ってとこまでは見ました。

で、確か前回、「バトルンモード」には驚きの仕掛けが・・・、
という引きで終わったかと。

なんで、その驚きの仕掛けをお教えしたいと思います。




実はこやつ・・・、
相手の打ってきたビー玉を、自分のストックにできるんです。




はいっ、想像の範疇でしたね。
まさに名前通り、ここまで引っ張ってくるもんじゃなかね。

だけど、カラすけの記憶が確かならば、
以後に、こういう直接吸収的な機能を持ったビーダマンは御目にかかったことが無いなと。
まあ、貴重な機体なんかな。
そういう意味では、引っ張るだけの価値はあると。

とまあ、それはいいんですが・・・、
そういやバトビー以前って、相手に向かって打つようなことあったっけかな。
あれ?じゃあ、何に使えるのさ、この機能。

bdaman20100605DSCF0258.jpg

で、その答えは取説に。

どうやら、ラリー遊びをしてくれとのこと。
おお、意外と安全性が甘い遊びだ。

つまり、リターンスペシャルって
基本はラリー専門の機体なんだ。
んー、それってどうなんだろ。

まあ、用途はどうあれ、
とにかく実際に体験しておきますか、そのリターンを。

bdaman20100605DSCF0260.jpg

んじゃ、まず相手さんに打ってきてもらいたいんだけど、
相手はどうしようかな。

そういや、よく見てると、
相手のビー玉を受けて本体へと運ぶ通路ですか、
そいつの傾斜が意外と大きいなと。

ということは、ある程度、
相手さんには強い威力で打ってもらう必要がありそうねと。

bdaman20100605DSCF0263.jpg

んじゃ、アイアンサイクロプスさんあたりが適任かな。
割と安定した強めの弾が発射できますんでね。

bdaman20100605DSCF0264.jpg

ではでは、体験スタート!

「お前のその威力に反逆するぜ!」

bdaman20100605DSCF0265.jpg

おおっ!

お分かりですか、
リターンさんのお腹にビー玉が補充されとります。

bdaman20100605DSCF0266.jpg

ビーダマンの左右にある補給口(?)から入ったビー玉は、
見事にビーダマン本体へと補給されました。

しかしまあ、意外とするりと行きましたね。
よくあの90度カーブを逆流せずに、曲がれたなと。

bdaman20100605DSCF0267.jpg

バラしてみると、その理由はわかりました。

中に、曲がる方向に向けてレールが造形されてます。
これにより、直進してもそのまま正面の壁にぶつかることなく曲がったわけですね。
最小の労力で最大の効果を。やっぱ、ビーダマンはそこが素敵ね。

うむ、傾斜を登れるほどの威力があれば何なく補充はできそうです。
ただ、相手は千差万別なわけで、
弱い威力でしか打ってこない相手の場合はどうすんのさ、という疑問が残ります。

まあ、一応その対応も、取説には載ってます。

bdaman20100605DSCF0270.jpg

それがこれ(↑)、
相手のビー玉が入ってきたら、ゴロンしてくださいとのこと。

随分とまあ、悠長なことで。
まあ、ラリーしか競技が無いんなら、有り・・・なんだろうな。

しかし、100歩譲ってゴロンを受け入れるとしても、
ちょっと解せないとこは残りますね。

bdaman20100605DSCF0271.jpg

それが本体の裏。
あのー、トリガーとヘルメットの角が邪魔でゴロンしにくいんですが。

まあ、気にせずゴロンしようと思えばできるんですが・・・、

bdaman20100605DSCF0272.jpg

こんな感じになっちゃうと。

んー、こんなもんなんですかね。
ただ、カラすけは何かイヤかなと。


とまあ、リターン体験しました。


ギミックとしては、楽しいといえば楽しいですね。
ただ、競技用でと考えると、おそらくラリーぐらいでしかこの機能は発揮できないんよね。
実用性は・・・、なんだかな。

bdaman20100605DSCF0273.jpg

あと、補給がネックかな。

基本は、相手が打ってきたのを頂くという感じなので、
左右の補給口からしか補給できません。
まあ、ヘルメットの網の部分を開ければ、そこから補給はできるんですが、
そうすると逆に左右の補給口からこぼれていっちゃうのです。
ヘルメット部に、ビー玉を保持する力がほぼ無いのです。

んー、本当にラリー専門なんですね。

bdaman20100605DSCF0274.jpg


「スーパービーダマン・オレンジボンバーマン」、
通称「リターンスペシャル」でした。


長い期間引っ張った割には、ショボン気味な感じでしたが、
ギミックはホントに面白いです。
以後に、この機能が出てこないとこを鑑みるに、
一度は見ておきたい機能かと。

あと、カラすけ的に、このリターンさんの外装を付けると、
ラリー専門になるという点が気になりますね。
こういう専門的な外装をたくさん作って、競技によって変えていけるというなら、
このリターンさんの評価も上がった・・・かな。
まあ、「ハイアングルスペシャル」というのはありましたけどね。
結局、種類が少ないんよね。

で、そういうのを、
OSビーダマンで展開してほしかったかなとか思ったり。
・・・補助パーツで十分とか言わないの。

何にせよ、いいもんでした。
楽しませて頂きました。
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うっっわああああああああああこれ持ってました!!
懐かしい・・・・・当時はうまく吸収できなかったおもひで・・・・・・・・

> 名も無きビーダー さん

どうも、初めまして。

カラすけもゲットした時は同じテンションでした。
懐かしいッ、そしてすぐ壊れるッッ、っと。

わかる方がいてくれて嬉しい限りです。

しっかし、そのようなおもひでをお持ちとは、
カラすけと同じ時代を生きていた方でしょうかね。

当時は他にどんな機体を使っていたのか、
今もビーダマンをやってらっしゃるのか、
気になるところです。

コメントありがとうございました。
プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。