スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四葉ちゃん、お誕生日おめでとう!

四葉生誕祭2010

というわけで、毎月恒例のシスプリ生誕祭です。

6/21は、四葉ちゃんのお誕生日ですね。
四葉ちゃんお誕生日おめでとう!




さて、2週目は、
適当な妄想話でも載せておこうかと思います。

少しでもシスプリに興味を持った方が最初の取っ掛かりとして、
この話が本当か嘘かを調べることで、
ジワリジワリと洗脳させていこうという寸法です。

つまり普及活動ね。

まあ、妄想と言っている時点で、
9割くらい嘘なんですがね。





四葉ちゃん。

この子は、シスプリにおける破壊と調和の象徴である。

通称「海外組」と呼ばれる、後発登場してきた妹の一人。
「海外組」は、登場の遅れを取り戻すためか、かなり個性が強い。

四葉ちゃんはというと、「チェキ」という言葉を武器に、
よくわからない言動を繰り返した。
その言動に、多くの人は挫折し、この道を極めることを諦めていった。

しかし、中には、その苦行に耐えるものもあらわれた。
シスプリストである。

シスプリストは、その言動の先には、
大好きなお兄ちゃんのことがあるからなんだと、頑なに信じ抜き、
どんな四葉ちゃんの破天荒な言動にも耐え抜いた。

一途に信じ抜いたものは救われたのだ。
だが、それは破滅への始まりでもあった。

シスプリストたちは、
四葉ちゃんの破天荒な面ばかりに目を向けるようになり、
その内面の繊細な部分を見ようとしなくなった。

やがては、四葉ちゃんのことを名前ではなく、
「チェキ」と呼び、ますます外面ばかりを尊ぶようになっていった。

このまま、シスプリストたちは、
道を踏み外したままいくのかに思えた、その時である。

救世主(真のお兄ちゃん)が現れた。
彼は、シスプリストたちにこのように問いた。


「君は今まで、四葉ちゃんが口にした『チェキ』の数を覚えているのか」


シスプリストたちは誰も答えられなかった。
その時、やっと外面ばかりを追い求めていたことに気付いたのだ。

「四葉ちゃんは、チェキのみにあらず」

その後、四葉ちゃんを「チェキ」と呼ぶことは無くなり、
外面、内面合わせて、四葉ちゃんと向きあうようになった。

こうして、シスプリストは、
真のお兄ちゃんとして覚醒する機会を得たのだ。

一度破壊を与え、その後真の安寧を与えた四葉ちゃん。
まさに、シスプリにおける破壊と調和の象徴である。




・・・何だろな、これ?

まあ、何はともあれ、
四葉ちゃん、お誕生日おめでとう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。