スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリカがギアで、ギアがオリカで

other20100801DSCF0007.jpg

というわけで、
「カード創世 カスタムカードシステム オリカギア」です。

自分だけのオリジナルのカード、「オリカ」。
それを作るために、ある程度必要なものが全部入った、ツクール系の玩具です。

前評判で、ラミネータでよくない?とか、
さんざん叩かれてますが、
それだとカードの素材をゼロから探さないといけません。

その点「オリカギア」は、背景やカード裏のイラストなんかも入ってますんで、
労力的には、カードのイラストを考えるだけでいいというのは大きいかと。

あと、ラミネータ使うと「ラミカ」やでぇ、と。


では、こやつを見ていきましょう。


other20100801DSCF0010.jpg

other20100801DSCF0009.jpg

まずは、内容物。

「本体」と呼称される赤と黒のローラー、
カードの表のデザインを形成する「枠シール」、
カードのイラストのキャンバスとなる「背景カード」、
これらが主な内容物ですね。

他にも、「カスタムシール」や「創世シール・入魂シール」なども付いてますが、
これらはカードに描くイラストの補助的なものですね。

まあ、カードを作る上では特に重要でないんで、あまり取り上げません。

other20100801DSCF0013.jpg

さて、内容物も確認しましたんで、
作っていきましょう。

取説の「ギア博士」の指示に従って、
「オリカ君」と一緒に頑張りますね。

・・・。
タイトルの「ギア」って、「ギア博士」からってことじゃないよね?

さっ、さて、最初は、と。
枠シールを本体にセットするんですね。

other20100801DSCF0011.jpg

表側のデザインとなるのが枠シールです。
何種類かありましたが、ここは情熱の赤っぽいので。

other20100801DSCF0014.jpg

これを本体にセットします。

本体には少し溝がほってあるので、簡単にセットできます。
こういうちょっとしたことが、不器っちょなカラすけには嬉しいです。

other20100801DSCF0019.jpg

お次の工程は、と。

レバーを上げて、そこに枠シールをセット。
そして、背景カードを先程の枠シールのとこにセットですね。

other20100801DSCF0018.jpg

まずは、本体のレバーを上げて、
そこに枠シールをセットしていきます。

other20100801DSCF0022.jpg

そういえば、枠シールは片面シールですね。

枠っていうから、
てっきり背景カードを挟み込むように貼ってくかと思ってたんですが、
表面だけ貼ってくようですね。

そんなこんなで、枠シールを本体レバー下にセットと。
では、背景カードを置いてきますか。

other20100801DSCF0026.jpg

背景カードは、白い背景、キラキラな背景と、
2種類ありまして、今回は白い背景カードをチョイス。

なんで味気ないそっちを選んだのという理由は、後でわかりますんで、
とりあえず先に進みますね。

other20100801DSCF0041.jpg

で、お次。

セットした背景カードにイラスト、写真、シールなどで、
デコっていってね、とのこと。

オリカギアのメインと言える工程ですね。

じゃあ、イラスト描いてきましょうかとなるんですが、
カラすけ、色マーカーの類とか持って無いんですよね。
まあ、持ってても描くかどうか怪しいですが。

なので、こんなものをご用意しました。

other20100801DSCF0002.jpg

安物プリンタぁー。

つまり、こいつを使ってやれば、
マーカー要らず、手間要らずってわけですよ。
あと、既存の絵も使えば、さらに楽できますね。

まあ、既存絵でも

で、既存の絵をご用意。

other20100801DSCF0015.jpg

そんで、こいつを印刷と。

安物プリンターなんで、荒い印刷ですが、
まあ、今回のはちっこいから大丈夫かな。

other20100801DSCF0017.jpg

あとは、背景カードに切り貼りしてきます。
ハサミをご使用の際には注意をば。

かなり大雑把に切ってきます。
その方が楽ですし、そうしてもいいように対策はうってますから。

other20100801DSCF0027.jpg

で、完成した背景カードがこちら。
背景が白いので、大雑把でもリカバリーしてると思います。
伏線回収です。

しかし、コメント欄は黒一色だと味気ない。
まあ、こればっかりは、どうしようも無いか。

あとは、完成まで一気に行きましょう。

other20100801DSCF0042.jpg

本体のローラーをコロコロして、
背景カードに枠シールを貼ってくようですね。

other20100801DSCF0030.jpg

シールを貼るという行為はいつになっても難しいものですが、
これはよく考えられていて、気泡やムラがなるべくできないようになってますね。

まずはコロコロすると、枠シールの台紙がはがれていきます。

other20100801DSCF0031.jpg

その後、何度かローラーを往復させていくことで、
よりしっかりと枠シールが背景カードに馴染んでいきます。

しかしまあ、背景カードのイラストに写真を貼ってもいいよとかありましたが、
こういう性質上、あんまり分厚いとダメなんやろね、と。

other20100801DSCF0043.jpg

さて、次で最後の工程ですね。

後は、カードを取り外して、余分なトコを切ってくれとのこと。

other20100801DSCF0032.jpg

まずは、本体からカードを外していきます。

ちなみに、背景カードの裏にはオリカギアデザインの裏表紙があります。
デザインの手間が省けますし、何だか「オリカ」っぽくなってきますね。

other20100801DSCF0033.jpg

では、余分なトコを切って、と。

other20100801DSCF0035.jpg

完成、「オリカギア ver.みづきちさん」!

あっ、やっぱり楽しすぎると味気ない。
でも、この安っぽい感じ、嫌いじゃないですよ。

other20100801DSCF0040.jpg

カードの大きさは、「VS」などのトレカと同じですね。
頑張れば、同じ土俵でバトらせられるんかな。

other20100801DSCF0037.jpg


「カード創世 カスタムカードシステム オリカギア」でした。


デキや作業としては、小学校の工作っぽいんですが、
創意工夫次第では、大バケしそうな玩具です。
パソコンで背景カードに直接印刷してく、とかね。

あとは、イラスト工程以外は、ゴミもそんなに散らからないし、
熱や電気なども使わないので安全ですね。
些細なことですが、そのあたり大事だと思います。

ただ、しょぼい感じは拭えませんね。
カードを作っていくうえで最適の工程なんでしょうが、
もう少し面白そうに作っていけれたらなぁ、とは思います。
味気ない工程がちと多いかと。
ぶっちゃけ、作る楽しみはイラストのとこだけですしね。

評価はわかれそうです。
作り方、遊び方共に作っていかないといけないので。

まあ、創造性を刺激するいい玩具だとは思いますよ。
 
 



<超蛇足的情報>

たまには、弱気な感じでも。
でも、やっぱ強気がいいよね、と。

って、玩具関係なくなっちゃった。
まあ、だいぶ前からそうなんですがね。

泣いてもいいですか1_3

泣いてもいいですか2_3

泣いてもいいですか3_3
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

すごいです!

とてもわかりやすい、作り方を、ありがとうございます!

> りっちゃん さん

どうも初めまして・・・ですね。

まあなんと昔の駄文に対してモッタイナイお言葉、
恐悦至極でございますよ。

最近コヤツを安売り等でよく見かけるようになりましたので、
そこから興味を持たれたのでしょうか?

実物を見ると少しチープな感じはしますけど、
頑張ればその分応えてくれるような玩具なので、
遊ばれる際は情熱を注いでやってくださいね、と。

コメントありがとうございました。
プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。