スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルネードってレベルじゃねぇぞ

なんだか、とある玩具売り場では、
レジ袋を要りませんと言うと、2円引きされるようで、
どうしましょうかと聞かれました。

あー、お心遣いには感謝しますが、
まだそこまでよく訓練されたモノではないです。

bey20101024P1010213.jpg


というわけで、
「ベイブレード 10月の新商品群」です。


発売日当日、寝坊して出遅れたのですが、
なんとか無事に買えました。

んー、今回は、人気が落ち着いてきたからというより、
クリスマスに向けて買い控え、というのがあるかもしれません。


さて、今回発売されたものは、

新ベイ「レイギル100RSF」、

過去にスターターで発売されたものをブースターに詰め直した、
「ギャラクシーペガシスW105R2F」と「レイユニコルノD125CS」、

そして電動の新スタジアム「トルネードベイスタジアム」、

以上の4点ですね。


個人的には、久々の新スタジアムが気になります。
しかも、電動スタジアム。

まあ、前にも電動スタジアムはありましたけど、
あんまりウチでは稼働してないんですよね。

なんか、ベイの純粋な力っぽく無くて、
どうなんやろねという感じで。

さてさて、今回のはどうなのやら。
では、しょんぼりと見ていきましょうかね。

bey20101024P1010216.jpg


まずは、再販ブースター化の、
「ギャラクシーペガシスW105R2F」と「レイユニコルノD125CS」。


スターターで、以前にも発売荒れていたのに何故、という気もしますが、
考えてみると、その気持ち、わからないでもないかなぁと。

まず、高いんですよね、スターターって。
なので、1つしか買ってもらえないという子をよく見ます。
でも、子ども心しては2つくらい欲しいわけなのです。

とまあ、そういう子の味方として、
人気のあるであろう主人公クラスのベイを、
安く提供していこうとか何とか思っているのではないでしょうか。

あと、ボトムがラバーなので、
意外と擦り減ったりでと消耗するんですよね。

消耗品の補給という意味でも、安い方がいいわけですよ。

まあ、そんなこんなで、今回のブースター化、
カラすけは評価しますよ。

なので、パーツだけ単体で売ればいいじゃんかと言わないの。
それは、買い手の都合ですよ。
前者の普及(売り手の都合)という意味もあってこその評価なので。

bey20101024P1010218.jpg


さて、お次は、
新ベイ「レイギル100RSF」。


えーと、竜骨座でキャラ絵がついているということは、
アニメに出るのか、それとももう出たのかわかりませんが、
出番があるんですね、アルゴさん。

コロコロの漫画では素晴らしい小物っぷりでしたが、
その雄姿がアニメでも・・・、いい時代です。

あー、で、レイギルさんですね。

えーっと、何といいますか、
ポケモンでいえば「ニョロゾ」ですかね。

bey20101024P1010222.jpg

今月の新商品群のブースターを並べたとき、
レイギルさんは、ユニコルさんとギャラペガさんの中間っぽいんですよ。

なので、進化の流れっぽく、
「ニョロモ」→「ニョロゾ」→「ニョロボン」でいうと、
「ニョロゾ」がレイギルさん。

「ニョロモ」はカワイイから使うー。
「ニョロボン」は強いから使うー。
え?「ニョロゾ」、何それイラネ。

んー、何言ってるのか、カラすけ自身もわかりませんが、
まあ、レイギルさんは、素晴らしい小物臭がするという事ですかね。

bey20101024P1010220.jpg

箱裏の改造例も、存在意義がボトムだけですし。
せめて、フェイスかクリアウィールのどっちかは使ってあげて下さい。

まあ、全体的に地味というかぱっとしないというか・・・。

うむっ、レイギルさんはこんな感じで。
性能とかは、ネットという広い銀河に散りばめられた素敵サイト様を検索ですよ。

bey20101024P1010223.jpg


では、最後は注目の、
電動の新スタジアム「トルネードベイスタジアム」。


外箱が超でっかいですね。

で、表の絵で「アースアクイラ」がブッ飛ばされているのは、
少し前のイケメンの状態を表現したのか、サイダーへの嫉妬なのかわかりませんが、
面白いのでグッジョブです。

ではでは、中身を見ていきましょう。

bey20101024P1010224.jpg

bey20101024P1010225.jpg

相変わらずホットープレートです、
本当にありがとうございました。

bey20101024P1010226.jpg

bey20101024P1010227.jpg

そして、スタジアム以外はスカスカ、
これもいつも通りです。

しかし、もう少し内装はどうにかなんないんですかね。
完全に、こういう箱モノは元通りに箱へと戻すようなユーザーに対して、
改心せぇと言わんばかりです。

まあ、カラすけは外箱や梱包はすぐ捨てるので、
一向に構わんですタイ。

bey20101024P1010229.jpg

で、こちらが、
スタジアム本体です。

bey20101024P1010231.jpg

bey20101024P1010230.jpg

前のスタジアムと比べると、
全体的に三角形に近い形状で、内部の溝の形が違い、
フェンスが少ないのが特徴ですかね。

bey20101024P1010232.jpg

で、この電動スタジアムのキモである、
回転部がこちら。

回る円状の部分と、
左右の回転を切り分けるスイッチがあるという、
前とほぼ同じような作りです。

ただ、1つだけ大きく違うのは、

bey20101024P1010233.jpg
(わかりにくいのでモノクロで)

回転部の一部が窪んでいる点です。

なので、平たいディスクが回転しているというより、
竜巻のように逆円錐の土台が回っているというような感じでしょうか。
まさに、トルネード。

bey20101024P1010234.jpg

では、これを、
先のスタジアム本体にセットしていきましょうかね。

その前に電源の用意もお忘れなく。
単3型電池3本という、奇数本なタイプですね。

なので、いつも残った1本がどこかに行きます。
いっそ、ひと思いに4本にしてくれないかなぁ。

bey20101024P1010236.jpg

回転部は頭でっかちなので、
セットの仕方は、スタジアムの上部から差し込むような感じですね。

bey20101024P1010237.jpg

うむ、黒と黄色のコントラストが美しいです。

で、これで完成・・・かというと、
そうではないんですよね。

スタジアム周りにフェンスが無いので寂いですよね。
そんなマリカーの初代レインボーサーキットみたいなスタジアムは、
今の子には厳しすぎます。

なので、フェンス・・・の代わりに、
このスタジアムでは、こんなものをセットします。

bey20101024P1010238.jpg

スロープです。

これは、このスタジアムでバトルする時に、
最初にシュートする場所です。

でも、シュート時に落っこちないようにミニフェンスが付いていて、、
スタジアムにくっ付いているわけですから、
これが実質スタジアムのフェンスのような役割を担っているわけですね。

bey20101024P1010239.jpg

で、スロープを装着してと。
やっとこさ、これで「トルネードスタジアム」の完成です。

何かに似ているような気がしますが、
・・・何でしょうかね?

さてと、使い心地ですが・・・、
最後にベイの実戦とともにご紹介しようかなぁと。

bey20101024P1010240.jpg

あっ、あと、トルネードスタジアムといえば、
何気に新ベイ「トルネードヘラクレオ105F」も付属してましたっけ。

bey20101024P1010242.jpg

アタックタイプという事で、
伝統のわかりやすいアッパー形状ですね。
何だか、旧ペガシスの亜種進化っぽい感じです。

性能は、もちろん素敵サイト様々を検索だ。

bey20101024P1010243.jpg


「ベイブレード 10月の新商品群」でした。


久々の新スタジアムでした。

まあ確かに、そんなにポンポコ売れるモノではないので、
あんまり出ないってのはわかります。

でも、ベイだけに頼っちゃうと、
新パーツとか頭打ちになっちゃって、新鮮味や驚きが薄くなっちゃうから、
こういうスタジアムとかで刺激が欲しいかなぁと。

まあ、出すタイミングもあるんかね。

で、ベイですが、何でしょうかね、
アニメを見てる事が前提的な感じになってませんかね。

何か、コロコロの情報より、アニメの情報の方が、
馴染みやすいというか、浸透しているというか。

そんなことを、
ベイ太の前で必殺転技の名前を叫んでいた子を見ていて思います。

んー、アニメの力って凄いんやね。


では、最後に実戦でも。

トルネードスタジアムの性能を見たいので、
適当に今回のベイで、バトルロワイヤルでも。

さてさて。

bey20101024P1010244.jpg

んっ、ん?、んー。
何と形容していのやら。

まあ、便利な言葉を使うなら、
いい意味でも、悪い意味でも「微妙」かな。

個体差なんでしょうか、
何か、イメージしていたものと違っていた感じです。

bey20101024P1010246.jpg

まず、シュート後は、大体中心の回転部の例の窪みに行きますね。
で、スタミナを奪われて自爆します。

まあ、今回のは、ほぼアタックタイプだからでしょうかね。
あと、ラバーボトムのベイが多いので、足元すくわれているんでしょうか。

で、基本、回転部に入ったら出られないんですよね。
トルネードというけど、そんなに早い回転でもないので。

すると、もう戦略だの相性だのなくて、完全に運任せです。

実力に差があるブレーダーとの対決にはいいですが、
よく訓練されたブレーダー同士は、そんなので満足いく・・・のかな?

bey20101024P1010249.jpg

あと、スロープ、
傾斜が弱い気がします。

キレイなスタミナタイプなら、シュートの仕方で、
このスロープにとどまっておける気がします。

で、相手の自爆待ち。
そんな戦法、友達なら絶交もんですよ。

bey20101024P1010247.jpg

とまあ、いろいろ言いましたが、
予測不可能という面白さは最大限にあります。


勝ち負けじゃなくて、純粋に楽しむ。


そんな感じでベイを楽しんでいる人なら、
このスタジアムもアリなんじゃないでしょうか。

それにしても、全然ベイの実戦にはならんかったですね。
まあ、そんなときもあるかな。
 

<超蛇足的情報>

ああそうか、このスタジアムは「キュウビ」だ、
キュウビのソウルを感じたんだ。

まあ、実際は、
シャンプーハット程度の大きさなんですが。

詳しくは (以下略)
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうもご無沙汰です
レイギルはホント空気ですねw
地元のビックでもダダ余り状態でしたよ。
トルネードスタジアムは売り切れてましたが…
自分は特典ベイがいつかデッキセットに収録される事を見込んで見送る事にしましたw

>ボンちゃん さんへ

わー、お久しぶりねぇ、ですね。

まあ、レイギルさんはある意味おいしいので、
もう何も言うまいよ。

しかし、トルネードスタジアム売り切れって・・・、
なんだか妙な激戦区ですね。

まあ、特典ベイをデッキセット待ちでというのは賢い考えですが、
トルネードスタジアムを1つお買い上げで、
安心できれいなブレーダーが5人増えますので、
みなさんにも買ってほしいかなぁ、
・・・ってばっちゃが言ってました。
プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。