スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローペンバランス




というわけで、
「ペンビーイエローとその仲間たち」です。


そろそろペンビーブラックが出るので、
その前にペンビーイエローについてでも、と。

なんとまあ、半端なタイミングね。

折角の新シリーズ、リアルタイムでついていきたいじゃないですか。
なので、ここいらで見ておきたいかなぁと。

まあ、あんまりたまっちゃうと、
焦ってってよくわからなくなる可能性が高そうなので、
ここらで小分けに出しておきたい、ってのもありますが・・・。

とにかく、見ていきましょうかね。


さて今回は、10月に発売された、
「BM-13 スターターペンビーイエロー」、
「BM-14 カスタムメイルブースターVol.2」の2点。


少し物足りない感じですが、新商品出るだけでも御の字なので気にしないと。
ただ待つだけのあの頃に比べれば、幸せな時代なのですよ。
それに、新商品の数が評価ってわけでもないですし。

それはさておき、1個ずつ見ていきましょうかね。

b-daman20101115P1010484.jpg

b-daman20101115P1010485.jpg

b-daman20101115P1010488.jpg

まずは、「BM-13 スターターペンビーイエロー」。

目に優しい黄色です。

b-daman20101115P1010486.jpg

b-daman20101115P1010487.jpg

色以外のデザインは、先に発売されたものとほぼ同じですかね。

さて、ペンビーイエローの目玉ポイントといえば、
他の機体より、コントロールに秀でているという点です。

カラすけ的には、コントロールタイプといえば「バレル」なんですが、
発射口付近がバレル状になっているなどの仕掛けは見受けられませんね。

では、何故コントロールに自信をお持ちなんでしょうか?

b-daman20101115P1010490.jpg

b-daman20101115P1010489.jpg

その理由は、ホルパの形状。
これが他の機体のものと若干違うからです。

ポイントは、ビー玉が撃ち出される際に通る隙間。
ここでビー玉に触れる部分が、他のものより前後に長いのです。

で、それが何さというと、
それによりビー玉が撃ち出される位置が、より前の方になるのです。

イエローイメージ その1

例えば、撃ち出した後に同じように曲がるビー玉があるとします。

イエローイメージ その2

で、イエローホルパの場合、
他のより前で撃ち出されるため、ターゲットに対してのブレが少ないのです。

そんなこんなで、イエローはコントロールタイプと呼ばれているのかと。
まあ、発射の際のホルパとの接地面がデカイので、安定して撃ち出せるってのもありそうですが。

兎にも角にも、トリガーやセーフティパックは他の機体と同じようなので、
このホルパが、コントロールタイプになるための鍵みたいですね。

ぱっと見派手ではなく、地味っちゃ地味ですが、
少ない仕掛けで最大の効果を得ようとするビーダマンの心意気を感じます。

b-daman20101115P1010491.jpg

で、気になるのは、やはり「威力」。
ちょっと計測してみましょう。

果たして、ホルパの形状の違いにより差があるのでしょうか。

計測方法は、セーフティパック装着による、地面設置状態での発射。
ビースピに対して、約10センチ離しました。
前回、他のペンビー機体を計測した時と同じにしてます。

で、結果は?

b-daman20101115P1010492.jpg

平均値は8km/hの後半といった感じですね。
まあ、前回計測した他のペンビー機体と似たり寄ったりねと。

ただ、個人的な感想としては、
イエローの方が若干9km/hに届いた回数が多かった気がします。
なので、心なしかイエローの方が強いような。

たぶん、ホルパが大きくなった分、締めつけが増したのかなと。


あと、コントロールに自信がお有りという事なので、
その性能もお試しかっ!


約30センチ先にターゲットを2つ置いて、
ビー玉2つでどれだけ倒せるのかを試してみました。

で、結果はというと、

b-daman20101115P1010493.jpg

b-daman20101115P1010494.jpg

イエローはパーフェクト、前回の通常ペンビーは1ミスと、
差が出ちゃいました。

で、感想としては、
確かにイエローは直進性が高い感じですね。
でもまあ、それは少し高い威力に助けられている感も否めないです。

個人な総括としては、
イエローはコントロールというより、
先に出たノーマルぺンビーのちょっと上位機で、バランスタイプっぽいなぁと。
割と思い通りにキマるので、競技用と考えると、今の段階ではイエロー押しですかね。

でも、ビーダマンの面白さはどれも変わらないので、
自分のお好きな機体に熱いビー魂を込めましょうね。

まあ、イエローに関してはこんなもんかなと。

b-daman20101115P1010495.jpg


お次は、「BM-14 カスタムメイルブースターVol.2」。

前回のvol.1と同様に、心は1つ、
種類は2つ、カラバリで5つのようです。

b-daman20101115P1010496.jpg

b-daman20101115P1010498.jpg

b-daman20101115P1010497.jpg

b-daman20101115P1010499.jpg

で、装飾品的な意味合いが強えぇなぁと前回嘆いていたんですが、
一応競技的にも役立つようですね。


ブルーのよろい(左)は肩のアーマーが厳つくなく、
指を置いた際のフィット感が、なかなかによさげです。
操作性が向上するとか何とか。

サターンのよろい(右)はフットパーツが大きく、
機体が地面に安定して立ってます。
安定性がいいとか何とか。


とまあ、そういうことなら良いトコ取りで、
ガチガチに競技用ビーダマンでもカスタマイズしてみようかなと思いましたが、
チグハグになるよね、デザインやカラーが。

バトビーのゼロ素体でもカスタムするときはそうなっちゃうけど、
こっちはB-太くんがあるじゃないですか。

実機とB-太くん上で機体が違うと、
気合入れてカスタムしたのにと、少し虚しくなりそうです。

んー、カスタムメイルの良さが未だにピンとこないです。
まあ、カッコいいっちゃ、カッコいいんですけどね。

シリーズテーマの「クロス」、
ペン問とのクロスオーバってだけの意味じゃないと思います。
こっちの「クロス」も、もう少し考慮してあげて欲しいかなぁと。

b-daman20101115P1010500.jpg


「ペンビーイエローとその仲間たち」でした。


何といっても、ランブーの展開の早さ。
これには驚きですね。

もう少し浸透してからの方が、たくさんの人には買いやすいと思うんですけどね。
アレですかね、某爆的な丸っこい玩具に対抗心を燃やしてんでしょうか。

で、あと感じるのは、ビーダマン初期の雰囲気。

同じデザインでのカラバリ、
バレルに頼らない狙いたがりの黄色(スコープヘッド、ハンティングリンクス)などなど、
微妙に引っかかるんよねぇと。トレンドが1週回って、戻ってたのかな。

まあ、開発者の思いは違うかもしれませんがね。

どこぞで聞いた話で信憑性は無いんですが、
黄色って集中力を高めてくれる色だそうで。
もしかしたら、偉大なる先人の踏襲という事ではなく、
効能的な意味で、イエローが抜擢されただけかもしれませんね。

それにしても、今のトコ、
ゴチャッとした機能は無く、まったり進行ですね。
個人的には、このまま居座り続けて頂ければ幸いかと。

でもまあ、まったりしすぎて盛り上がりに欠けるのも事実。
もう少し展開が進んでいけば、この空気を打破してくれるんでしょうかね。
何にせよ、今後の展開に期待しております。
 
 

<超蛇足的情報 軽量ver.>

みづきちさんの偽者が出没しているそうな。

「ゴーナグール」しかり、「ガンガル」しかり、
人気モノの宿命というやつでしょうか。

そういえば、ビーダマンって、
ベイほどパチもんがありませんね。

・・・まだ終わらんよっ!

ペンビーイエローは永遠の輝き
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。