スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダルな 勝ち取れ さすれば与えられん

ふりふらりと売場をのぞくと、
クリスマス前の親御さんたちの願いが届いたのか、
仮面ライダーオーズ関連のグッズが少し出回っていました。

ただ、メダルセットが無いんですよね。

劇中であんだけジャラジャラとされていると、
やっぱりメダルいっぱい欲しいなぁと思うわけですよ。

んー、ヤミーにされたら、
ゲームセンターのメダルゲームコーナーを襲撃しに行くんかなぁ。

other20101215P1010562.jpg

other20101215P1010563.jpg



というわけで、
「仮面ライダーオーズ オーメダルスピナー」です。



オーズに出てくるメダルがコマになったそうです。

で、そのコマを使って対決だ!
相手のコマを場外にブッ飛ばすか、長く回ってられた方が勝ちだ。
そんな対決系の遊びが、最大4人同時で遊べるぞ!

・・・という感じのものですね。

まあ、簡単に言えば、巷で絶賛好評中のベイブレード、
アレのオーズメダル版といったとこでしょうか。

だからといって、
ただ単にベイのパチもんでかたずけるのはもったいないかなぁと。

ところ変わればどころか、メーカー変われば着目点も違うもの。

まあ、そんなところを理解できる助けになるかどうかはわかりませんが、
少しでもコレの良さが伝わればと思います。


では、見ていきましょうか。


other20101215P1010564.jpg

まずは内容物から。

入っているものは、対戦の要となる「オーメダルコマ」、
対戦フィールドとなる「バトルベース」、
コマを撃ち出すのに必要な「ワインダー」が主なものですかね。

で、とあるガチガチのベイっ子がこれ見て、
何か足りなくねぇか、とかなんとか言ってましたが、
そんなことはないです。これだけで問題無く遊べます。

まあ、何が足りねぇと言っていたのか見ていけばわかりますので、
とりあえず1点ずつ見てきましょうかね。

other20101215P1010565.jpg

まずは「オーメダルコマ」。

プラ製のコイン状のものに、
これまたプラ製の軸をネジでくっつけたコマです。

なので、すごく軽いです。

other20101215P1010566.jpg

ちょっとベイと比べてみました。

今は金属を使っている(右)ので重さでは全然かないませんね。

一応、同じプラ製のもの(真ん中)もありますが、
大きさが一回り小さいので、やはりメダルコマの方が軽いです。

まあ、対戦はメダルコマ同士なので関係は無いんですけどね。

other20101215P1010567.jpg

で、気になるのは軸。

歯車のような溝が掘ってあります。
これってデザインではなくて、実は重要な意味を持ってます。
まあ、後でわかるので、今はそんなもんなんだぁと思って頂ければ幸いです。

あと、先端が少し出っ張っております。
まあこれは、コマ自体が軽いので当然の処置ですね。

軽いと回る力が弱いんですよね、その対応処置のためです。

軽いと回る力が弱いというのは、水の入ったバケツと空のバケツを、
グルングルン回して頂けるとわかるかと。遠心力があまり生まれないのです。

で、それと出っ張りがどう関係するかと言うと、
出っ張りによって地面との接地面積を減らし、摩擦による抵抗を減らしたいからです。

ただでさえ回らないのに、
その上摩擦まで加わったらスグ止まっちゃいますからね。
そんなこんなで、出っ張りは必要なんです。

other20101215P1010579.jpg


閑話休題。


そういえば、「オーメダルコマ」という割には、
オーメダルっぽくないですね。

それもそのはず、まだそのメダルコマは完成していないからです。
では、そうすれば完成するのか?

答えは簡単、シールを張ればいいのです。

するとほら、

other20101215P1010690.jpg

other20101215P1010691.jpg

こんなにソックリ・・・に?

えーっと、オーメダルがたくさん欲しいとお嘆きのお子様がいる保護者の方で、
これを購入予定というお方へ。

こちらを見て、「ウチの子ならイケるっ!」と思う方だけ購入して下さいね。

なんか、やっぱり用途が違うんで、そのへんはお考えを。


とまあ、オーメダルコマはこんなとこで。

other20101215P1010576.jpg

お次は「ワインダー」です。

これを引っ張ることで、
オーメダルコマを撃ち出します。

other20101215P1010577.jpg

で、よく見るとギザギザがあります。

これと、先程のオーメダルの歯車のような溝。

勘の鋭いお方なら、そろそろどのようにコマを撃ち出していくのか、
お分かりになってきたかと。

そして、あるものが見当たらないことも。
まあ、それは「バトルベース」編で解明です。

まだ何の事を言っているのかわからないというお方も、
そこまでお待ちを。

other20101215P1010578.jpg

しかし、これは完全にベイのに似ているなぁ。

other20101215P1010575.jpg

で、最後に「バトルベース」です。

オーメダルコマを戦わせるフィールドになります。

ぱっと見ると、フェンスが高めで外に吹っ飛ばない感じがしますね。
そこんとこ、どうなんでしょうかね。

other20101215P1010570.jpg

さて、気になるのはそんなとこでは無くて、
4すみにある、謎のスペースですね。

結論から言ってしまうと、これがシューターなんです。

そうです、先程から、
ベイっ子が見て何かが足りないなぁと思わせていたのは、
オーメダルコマを撃ち出す「シューター」です。

で、これはそのシューターが、
フィールドにくっついていたのです。

シューターを介して撃ち出す方式、
コマ自体にワインダーを通して回す方式などはよく見かけますが、
フィールドにワインダーを通して回す方式は中々見ないですね。
これは、この商品の特色であり、個性かと。


あとまあ、4すみのオーズさんなんですが、

other20101215P1010571.jpg

other20101215P1010572.jpg

other20101215P1010573.jpg

other20101215P1010574.jpg

商品が出た頃には3フォームしか明かされていなかったのか、
ポーズは違えど、「タトバコンボ」がかぶってます。

何ですかね。
もう少し待とうとは思わなかったんでしょうか。


さてと、これで内容物を見れたかと。
では、遊んでみましょうか。

other20101215P1010569.jpg

まずは、バトルベースにある4すみのうちから、
お好きなシューターをチョイスしましょう。

んじゃまあ、一人だけ右の方にいるタトバさんで。

other20101215P1010694.jpg

そして、ワインダーをシューターの穴に差し込みます。

other20101215P1010693.jpg

その時、ギザが横を向くように差し込むのがポイント。

other20101215P1010695.jpg

お次は、そこに、
オーメダルコマをセットします。

さて、ここで、
オーメダルコマの溝が重要になってきます。

溝をワインダーのギザギザに当てるようにセットします。
そうすることで、ワインダーを抜く際にオーメダルコマがクルクルと回ってくれるのです。

other20101215P1010696.jpg

というわけで、ゼットするとこんな感じ。


ここまで来ると後は引くだけです。
気持ちを落ち着けて、と。


では、いざ参らん!


other20101215P1010698.jpg

ワインダーを抜ききるまでその場でクルクルと回ってますが、
抜き終わると前の方に出ていきます。

動きが面白いですね。
おそらく回転する力がシューターの入り口の壁に当たって、
前に出ていくのでしょう。

んー、1つだと寂しいのでもう一個投入して、レッツバトル!

other20101215P1010699.jpg

other20101215P1010700.jpg

うひー、楽しいです。

フェンスが高くてブッ飛ばねぇかなぁと懸念していた件なんですが、
コマ自体が軽いので、爽快感MAXで場外へ行きますね。

バトルベースの広さも適正なのか、スリープ勝負ってのはあんまりなく、
対決してるなぁという感じが、ひしひしと伝わってきますね。

意外と、みんなでワイワイやると熱中するんじゃなかろうか、と。

ただ、軸の出っ張りのせいで摩擦力が無くて、地面をつかんで走り回ることはないので、
動きが少しモノ足り無い感じかな。まあ、そんなに気にすることでもない無い程度ですが。

other20101215P1010701.jpg

で、ちなみに、
このバトルベースでベイを使ってみました。

まあ、ベイにとっては狭いのかな。
でも、場外にぶっ飛びますね。見かけ以上にフェンスが低いんかなぁ。

other20101215P1010703.jpg



「仮面ライダーオーズ オーメダルスピナー」でした。



いやー、面白かった、
もうパチもんと侮ることはできません、もはや別もんですね。

それに、ベイってのは発売されて随分経ちますし、いろんなものが出て、
最近は新規の方がとっつきにくくなってきてます。

でもこれなら、そんなしがらみも無く楽しめそうで、
遊びということだけを考えるならばおススメできるかと。

しかし、コマが軽いのでめっさ吹っ飛ぶという点から1つ問題が。

意外と結構な高さですっ飛ぶんですよね。
なので、熱中しちゃって顔などを近づけると危険があるんですよね。

その点ベイは、スタジアムにフェンスを設置するようにして安全策を取ってますね。
なので、そういう点はちょっと未成熟なのか、そこまで本気で開発してないのか、
オーメダルスピナーについて、それは残念なのかなと。

でもまあ、キャラに頼っているように見せて、
実は楽しめるという、面白いモノでございました。

<超蛇足的情報 軽量ver.>

久々の休みではしゃぎ過ぎたのか、
少し体調崩しちゃいましたので軽量版です。

・・・手抜きじゃないよ。

というか長いやつを描く技力と気力が、
最近無くなっちゃたのかなぁと。

負ける気だけはしないはず
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。