スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイ・じゃにゅありぃー

book20110122P1010906.jpg


というわけで、
「月刊トイジャーナル 1月号(2011)」です。


2011年、最初のトイジャーさんです。

昨年は、ベイの覇道、
爆丸、ハイパーヨーヨー、ビーダマンの復活、
仮面ライダーWの凄い人気っプリと、
割と話題に事欠きませんでした。

さて、今年はどんなお年になることやら。
購読してまだ半年のペーペーですが、
これからもトイジャーさんと一緒に追っかけていきたいものです。

ではでは、サクッと内容を見ていきましょうかね。

book20110122P1010907.jpg

まずは、今月号の特集から。

その1「新春トップインタビュー」。

どうやら、年始の恒例特集の様です。
まあ、めぼしい企業のお偉いさんのインタビュー記事ですね。

5社と少ないですが、2ページににわたるインタビュー記事には、
去年の反省、今年の目標、気になるキーワードなどが散りばめられていて、
心地よい疲労とともに満足感を得られるものですね。

で、これについて語ると長くなるので、
個人的に気になる3社を簡単に、
カラすけ流にかいつまんで斜めからバッサリといこうかな、と。

book20110122P1010908.jpg

まずは、バンダイさん。

・仮面ライダーグッズがウハウハ
・だけど、戦隊モノとまとめると意外とドッコイダー
・次の戦隊モノは、仮面ライダーの成功に学んでみた
・プリキュアはグッズの数を絞っていく戦略で利益を
・「ブーブ」が意外と感触を得てるようです
・新しいモノをドンドン出していきてぇ
・ハイパーヨーヨーについて全く言及無し
・軸の一つとして捉えられて無い?

book20110122P1010909.jpg

お次は、タカトミさん。

・意外にリカちゃんが昨年は好評でした
・海外戦略について難しい話をしてた

book20110122P1010910.jpg

最後は、セガトイさん。

・爆丸2年目、来るでしょう
・コロコロともタイアップしてるしね
・ズーブルズも出すぜぇ
・でも、ズーズ―ペットは最初だけでしたね
・海外で売れているものは、絶対的に国内で売れるモノではないんやね


とまあ、こんな感じでしょうか。


で、3社に共通してたのは、海外を意識していることですかね。
国内だけの話ってあんまりなくて、ほとんどが海外との絡んだ事が多かったです。
まあ、現在のお国柄を考えるに、少子化だの高齢化など叫ばれてますんで、
企業として生き残るためってのはわかりますが、
何だか日本の玩具市場に本腰を入れていなような、という気になっちゃいますね。
んー、厳しいですがこれが現実というやつでしょうか。

とは言っても、カラすけ的には面白ければ割とオッケーなんですよね。
各社の意気込みは感じましたので、とりあえずは、
今年の玩具市場を楽しみにしておきましょう。

book20110122P1010911.jpg

その2「米国玩具業界の現状」。

先月号では中国の玩具市場についての特集がありましたが、
今月号では米国の玩具市場についての特集の特集がありました。

で、難しいことばかり書いてます。
うっ、頭がスポンジになりそうです。

まあ、わかる範囲で米国玩具市場についての特徴を語ると、
まずは主要企業の寡占が日本より少ないそうな。

日本では、先にインタビューされてたような大手企業数社により玩具市場を占めていますが、
米国だとそうでもないようです。

つまり、米国では中小メーカーが元気だということです。
なんだか米国さんは活気ある市場ね、という感じが。


あとは、「アート&クラフト」、「アウトドア&スポーツ」という商品分野が、
日本企業が開拓する余地があるとか無いとか。
この2つで、主要分野(11個くらいある)別の売り上げの3割以上を占めるそうな。

聞きなれないのは「アート&クラフト」ですね。
これは、絵を描いたり何かを作ったりするもので、
女児玩具と知育玩具の中間といった趣きの分野だそうです。

確かに、日本ではあまりパッとしない分野ですね。
んー、なんだか面白い玩具をつくっていくという話より、モノを売るための話っぽいですね。
大手さんにはいいですけど、中小メーカーさんはこの話を聞いてどう生かせとな?

やっぱり難しいお話です。

book20110122P1010913.jpg

ただ、おもちゃ屋は楽しくなくてはという意見には賛同です。

最近は、安く売っている事がステータスになりつつありますけど、
やはり玩具の本質は、遊んだ時の面白さです。
かと言って、中身をほったらかしにして、
勝手に試してねというのはどうでしょう。

なので、正しく開発・製作者などの思いを伝えるためには、
実演が大事だと思うのです。日本はそれが少ないんよねぇ。
なので、大手さんのモノにしか目がいかなくなってしまい、
中小メーカーさんが泣きをみるわけです。

まあ、見習うトコは見習っていきましょうねと。

book20110122P1010915.jpg

さて、あとは気になる記事でも。

「2010年 年末商戦速報」。

玩具業界の注目イベント、年末商戦。
その始まりである2010年12月の第2週までの状況についての記事がありました。

まあ、簡単に言ってしまうと、

・男児玩具は「仮面ライダーオーズ」が圧倒的
・「PSP」がよく売れてる
・女児玩具は「たまごっち」、「リカちゃん」が好調
・「ベイ関連」は前年比の60パーセントほど
・「クッキングトイ」ヤバす
・セガトイズ関連が注目
・大型商品の動きが鈍い

といった感じでしょうか。

クリスマス前後に玩具売場に足を運んだことがある方はお分かりかと思いますが、
確かに「仮面ライダーオーズ」関連の品薄加減は酷かったです。
ただ、その割には他の商品は十分にあったんですよね。

まあ、派手に見えてましたけど、全体的に見ると、
分母のデカい男児玩具なんかは前年あたりとトントンだそうです。

んー、今年はいいんですが、
これで「オーズ」なんかの話題作が無かった場合の年末商戦が怖いですね。
今は、品薄の商品を探してお店に足を運んだり、別のものに切り替えたりでいい時期なんでしょう。

とはいえ、まだ年末商戦の最初の速報。
去年は、クリスマス前に連休を取りやすい日程でしたし、
本チャンでは何か動きがあったのかもしれません。
とりあえず、次号のおそらく出るであろう結果に、
期待はしておきたいですね。

book20110122P1010833.jpg

あと、本誌は関係ないけど、
「ミラクルスピンバトンの追っかけ企画」。

今月も「ちゃお」を購入です。

で、先月は全くバトンの記事が無かったので、
正直、今月号に期待は全くしてませんでした。

book20110122P1010834.jpg

でも、載ってましたね。
ただ、4コマは無くなってますけど。

んー、どうしましょうかね。

この雰囲気だと来月号も怪しいので、
そろそろこの企画ポシャる時期ですかね。
もとより、記事の内容紹介してませんでしたし。

じゃあ、とりあえずの打ち止めということにしておきましょうか。

ただ、だんだんと「ちゃお」の漫画に馴染んできたので、
個人的には買ってしまいそうなんですが。

book20110122P1010832.jpg

book20110122P1010831.jpg

男版のとちおとめ様がイケメンだったり、

book20110122P1010829.jpg

何かもう、コミックスまで買うものがあったりと、
気になることが多すぎます。

book20110122P1010837.jpg

んー、柏ぽち先生が、
バトン漫画を描くのを再開するのを見張るという名目で、
折り合いをつけるべきかどうか、それが問題だ。


とまあ、内容はこんな感じで。


あとは今月号の「気になる玩具」。

今回は「縞パン」です。
アゾン的なお話では無くて、実用的なやつです。



・・・。



・・・・・・。



・・・・・・・・・?



・・・いやだって、
トイジャーさんに載ってましたから。

というわけで、ここから先はスーパー紳士タイムに入りますので、
お子様や、まほろさんに怒られてまうという方は、回れ右ですよ。

book20110122P1010919.jpg

とりあえず、何故?
一応、販売元さんは玩具に少しは関連はしているようですがね。

んー、何もわからない方が、流行ってんのかなぁと好奇心で手を出し、
お店に並べたらどうするんでしょうか。

book20110122P1010918.jpg

あと、パンツだけではなく「縞ブラ」もありました。
ってか、セット販売は無いんですねとツッコミを入れようとしたら。
縞パンもセットだそうです。

もう何て言うか、実家のハシビロコウが泣いてんぞ。

で、見てて思ったのはサイズのことについて。
フリーサイズだそうなんですけど、
モデルさんが全然フリーサイズをアピールできてないです。

天使氷柱の憂鬱

そういえば、イメージ的に「縞=残念」という方程式が、
カラすけの中の違う次元の世界では定着しているようですが、
なにもこの次元に持ってこられなくても。

もう何て言うか、実家の誰かが泣いてんぞ。


とりあえず、
トイジャーさんの勇気ある行動ッ! ぼくは敬意を表するッ!


「月刊トイジャーナル 1月号(2011)」でした。


今回は、何だかグダグダでしたね。
まあ、カラすけがってことなんですが。

というか、ちょっと出版時期が微妙なんですよね。
トイジャーさんとしてもちょっと持て余してた感もあったのかなぁと。

なので本腰は、来月号からですよ。
とりあえず今回は、新年の挨拶代わりという言い訳で。

しかしまあ、気になるのは年末商戦の結果ですね。

売場の雰囲気がどうだったのかってのわかってますが、
それをトイジャーさんがどう分析したのか。
来月号に出されるであろうその答えを心して待ちましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 雑誌(既刊~新創刊)
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。