スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフン・ファイティング

この土日は花粉がヤバかった、と。

窓を開けるだけで、
くしゃみ・かゆみのパレパレードです。

ドラッグストアの薬では、
大した抑制にもならなかったので、ふて寝をしてました。

そして、終わる休み。
・・・やる気が。




というわけで、
「月刊トイジャーナル2月号(2011)」です。


いつもならもう少し前の方でご紹介はしてたんですが、
ズルズルとこんな時期になってしまいました。

まあ、気を取り直してガツっと見ていこうかと思いましたが、
ちと薬が効いてきているので、今回はさっとだけという感じで。

books20110227P1020111.jpg

books20110227P1020112.jpg

books20110227P1020115.jpg

books20110227P1020114.jpg


まずは今月の特集、
「2011イチオシ新製品の開発者の熱き思いを聞いて欲しい」から。


今からの時期、春夏商戦向けの新製品が徐々に展開されつつあります。

その中には、リバイバル商品やいつもの似たような商品などあれど、
やはりそれを出すためには、開発者の思いや狙いなどがあるわけです。

で、今回の特集では、
その一部をご紹介しているというわけです。

んー、どこも熱い思いが込められています。

コンセプト、色やデザイン、材質、そのブランドのらしさなど、
普段カラすけたちが自然と感じていた1つ1つに、
気を配っていらっしゃっていたようです。

こういうバックボーンを知ると遊んでみたいと思うし、
小売店側も売ってやろうって気になりそうですね。

books20110227P1020113.jpg

とりあえず、1つくらいご紹介でも、と。
では、エポックさんの「ヘアコレカチュール」で。

ヘアコレカチュールは、
カチューシャにシールやチャームをくっつけて、
オリジナルのカチューシャを作れるという女児ホビーです。

エポックさんはヘアコレカチュール以外に、
オリジナルのアクセサリーを作れる、
女児向けのおしゃれホビーは出してましたね。

しかし、ヘアアクセサリーに対するお客さんの要望が、
徐々に高まってきていたコトを調査により感じ取り、
今回ヘアコレカチュールを出してきたようです。
こういう需要の吸い上げって、嬉しい配慮ですね。

その開発途中で、アクセサリーの需要に対して答えるだけでなく、
トイとしての面白さを模索したようです。

そしてたどり着いたのが、カチューシャを縦に回転させて、
シールを貼ることができるようにするというコト。
これにより、作る楽しさを与えるようにした、と。

ツクール系って、途中段階は言ってしまえば作業ですからね。
そこをいかに覆い隠すのか、それに対する熱い思いを感じました。

あと、そのダイナミックな作業工程は、
店頭実演で目立つんじゃなかろうかと、小売店側への配慮も忘れない。
まさに、完璧なお仕事だった、と。

まったく、普通に商品を手に取るだけではわからないこういった裏側って、
胸キュンですね。

books20110227P1020118.jpg

books20110227P1020119.jpg

books20110227P1020120.jpg

books20110227P1020121.jpg


お次の大きな話題は、
「200-2011 年末年始商戦統括」です。


先月号に速報は出ていたんですが、
今月号ではより詳しく結果がまとめられてました。

さらには小売店や大手法人、百貨店などへの、
感想やアンケートの結果も載ってます。

1つ1つの意見が興味深いので、
じっくりと見ておきたいんですけど、
今はそれをするだけの体力・気力がないので、
核心だけをズバッと。


・一定の売上げは達成できた
・価格競争が激化気味
・ヒット商品の存在が今後も鍵


まずは、なんだかんだで一定の売上げが達成という点。

どうやら、
年末年始の商戦の開始時期が早まってきているのが要因かと。
つまり、商品が売れる期間が伸びてるので、
結果としてボチボチでんなぁ、という感じですかね。

ただ反面、
クリスマスらしさに欠けるだのピークがよくわからないなど、
売れる時期が早まるのにはリスクも感じられるとのこと。

次に、価格競争の激化。

ネット販売は安いという通説のせいか、
店舗販売側でも、安くせざるをえない状況だったとか。

まあ、これは年末年始商戦以外でも問題ですから、
ちょいと見なおせばというわけにはいきませんからね。
やっかいです。

ただ、その次の、
ヒット商品が売上を牽引していたという部分に光明が見えたそうです。


ヒット商品は値下げしなくても売れる!


もはや、定価以上で売買されてもいますから、
この理屈はもっともです。

そんなわけで、小売店側としては、
メーカーにはヒット商品出してくれって願っているんですよね。

で、最近では、
ヒット商品の一翼を担っていたベイブレードの売上げがよろしくないと嘆いてますけど、
いやー、難しい注文ですよ、それ。

とまあ、総括すると、
予測をするというより、
利益を出すのがますます難しくなってきていると。

んー、近所の売り場を見るに結構盛況だったと思ったんですが、
こんな感じだったとは驚きですね。

とは言っても、カラすけは何もできませんから、
とりあえずは見守らせて頂くとしましょうかね。


とまあ、内容はこんな感じで。


あとは今月号の「気になる玩具」。

books20110227P1020122.jpg

今回は「すたこらBANK みけねこ/アメショ」です。

ネズミ持っているカートに1円から500円までのいずれかの硬貨を置くと、
ネズミがカートを押してネコの周りを歩きます。
で、ネコはそのネズミを追いかけるように視線やおて手を動かします。

そんなこんなで、ネズミは家の中に入ります。
しかし、反対側の出口から出てくると、
硬貨かがいつのまにかカートから消えています。
と、何とも遊びゴコロとファンシーさに溢れた貯金箱です。

以前にも、こちらのシャインさんからは、
ネコちゃんがダンボールから顔を出して硬貨を引きずり込むという貯金箱を出してました。
今回は、そのネコちゃん貯金箱の第2弾といったところでしょうか。

ホームページに商品サンプル的な動画があったので拝見しました。
なんかスゴイなぁと。

動きの可愛さがちょっとぎこちなかったので、
正直なこれは・・・と思ったんですけど、
ネズミが家に入った後の硬貨を貯金箱に入れる動作が「不思議ふしぎ」の一言です。

ものマネー

んー、何度でもやってみたくなるという点では、
すぐれた貯金箱なのかもしれませんね。

books20110227P1020101.jpg


で、最後に、
「ミラクルスピンバトンの追っかけ企画」。


今月も「ちゃお」をしれっと購入です。

books20110227P1020102.jpg

まあ、バトンに関する記事があったんですけど、
動画を送ってね、という募集企画のお話でした。

あー、完全にプロモ期間終わってる感じですよ。

なので、この企画は今回で終了です。
まあ、そろそろ潮時でしたからね。

books20110227P1020103.jpg

次回からは、

今からでも間に合う
姫ギャルパラダイス講座
新連載って言っても「あげぽよMAX!」って付いただけかよ編

が、・・・始まりませんよ。

いや、今月号に載ってなかったから、つい。



「月刊トイジャーナル2月号(2011)」でした。



年末年始の商戦もやっと終わったという感じですかね。
ただ、けっこう大きな課題が残ってますけど、大丈夫なんでしょうか。

とまあ、嘆いていても始まらないので、
これからの2011年をどう戦っていくのかという気持ちに切り替えて、
これからも夢を見させて頂きたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 雑誌(既刊~新創刊)
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。