スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考が静止する日

(仮)入部

福岡に帰っているとき、
購読雑誌の発売日に書店に立ち寄ったんですけど、
お目当ての雑誌は見つかりませんでした。

・・・忘れてましたよ。
2、3日は遅れて入荷するというシキタリを。

books20110507P1020438.jpg


というわけで、
「G's magazine 6月号(2011)」です。


なんだかんだと、5月も中旬に差しかかってますね。
5月の初めと2月の下旬は、過ぎるのが早いです。
まあ、物理・・・的になんですかね。

さて、長めの休み明けの腐った脳で、
これ以上ウダウダ言ってもどうしようもないので、
そそくさと内容でもみていきましょうかね。

books20110507P1020443.jpg


まずは、シスプリ関連。


軌道にのってきましたよ、読者ランキング。
「咲耶」ちゃんが16票で7位にランクイン。

おめっとさんですっ!

うほっ、先月の倍といういい投票数ですねぇ。
いやー、シスプリストの勇者様方に感謝ですよ。

books20110507P1020449.jpg

そしてあとは、ナントっ!
春歌ちゃんがいましたよ。

今月は生誕祭があるからって、
待ち切れなかったのでしょうか。

まったく・・・3日以上早いのにか?
3日以上・・・イヤしんぼめ!



・・・ってのは、嘘なんですけど。



似てますけど、違うキャラなんです。

それ言うたら「Rewrite」の小鳥さんも可憐ちゃんやないかぁーい、
ってのを先にやっておくべきだったんでしょうけど。

まあ、それほどシスプリに飢えております、と。

books20110507P1020463.jpg


お次は、べびプリ関連。


今号は、まずインタビュー記事がドーンです。
OVAの監督さんと脚本さんのインタビューですね。

そのためか、画像は既存のものが多いです。

まあ、30分程度の本編だと言うコトですし、
そろそろビジュアル的にストックが厳しくなってきたのかなぁと。

しかし、みづきちさんの登場している画面が多いですね。
このページの担当の方とはピシガシグッグッをせねばなるまいっ!

それにしても、ここまで語って頂けるのは嬉しいんですけど、
なんか語りが上手くて、観たときにこの記事以上のコトが言えそうにないっスね。

books20110507P1020441.jpg

それと、この記事の下の方には、
守護絵師ユキ先生によるアニメスタッフ取材レポート漫画がありました。

なんというか、内容うんぬんより、
「かわいー」って言ってるユキ先生が一番かわいー。

いやー、癒されます。
来月号も、ユキ先生によるなにかしらが載ってるといいですねぇ。

books20110507P1020440.jpg

そして、気になる最新インフォ。

とりあえず、ますはこのページのひょうちゅうちゃん率の異常さを、
担当の方と小一時間ほど語りたいですね。

さて、いろいろと紆余曲折を乗り越えて、
延期や不明となっていたもろもろのスケジュールが決ってきてます。

上映会の場所は東京・大阪と以前と変わりませんが、
日程が後ろにずれ込み、期間も当初の2週間に対して短くなってます。

うわー、最初の土・日を超えたら厳しい日程ですよ。
まあ、いつもニコニコ這い寄ってでも観には行きたいとは思いますけど。

で、その後にOVAも発売という感じですかね。
うんっ、7月はべびプリ月間ですよ。

books20110507P1020442.jpg

そんで、来たる5月10日に発売される、
小説版べびプリの表紙絵も出てました。

えるしっているか
みぶせんせいはさいきん
ひかるしかかかない

全員に表紙のチャンスを与えるのかなぁと思いきや、
1巻に続きヒカルさんのモノポリー(独占)でした。

バランス的には、ミハ・ミゾ姉さんズあたりかと思ったんですけど。
あんれぇー、最終巻じゃない・・・ですよね。

まあ、予告ショットをみるに、
さな先生が肌色を使いたがっているのはわかりますが。

とっ、とりあえず、発売日もすぐそこまで迫ってますので、
現物でこのモヤモヤ感は解消しましょう。

books20110507P1020445.jpg

books20110507P1020461.jpg

books20110507P1020446.jpg

あとは、先月号より始まった漫画。

なるほどこう来たかと、展開には満足できるものかと。
家族日記を持ち出す点がポイント高いですよ。


カラすけ論なんですけど、「家族日記」って、
超えるべきかどうかはわかりませんが一種の壁だと思うのです。

この日記が存在しうる限りは、長男は家族なんですよ。
まあ、無くても家族は家族なんですけども。

だけど、家族日記が無いと、
確かに家族であるという「確証」が無くなります。

小説版にも、この家族日記の内容の一部が登場してますけど、
それぞれの思惑や疑惑うずまく6巻にはこの家族日記は出てきません。

ゴッド(筆者)による「家族日記」という「確証」の消失。
故に、登場人物たちは思い、悩んでいるのかもしれませんね。

まあ、何言ってんだか。


とりあえず、漫画は今のところは完璧です。
家族日記のトコはさておいても、何気ない日常感が良きかな、と。

books20110507P1020448.jpg

books20110507P1020447.jpg

そして今月号も、俺の青空がこんなに可愛い。

下位打線の描写に力を入れてるんじゃなくて、
好みのキャラに力を入れてるんでしょうかね、深山先生は。

うおー、これだとふぶきちさんとふわゆきさんの出番が、
日記上の表現だけになりそうで怖わいっス。

books20110507P1020450.jpg

あっ、あと編集さんは、
最後の送り仮名の写植にとんでもないミスをしていきました。


あなたのお姉ちゃんの名前です。


ミハミハ姉さんに、そんなにしたいのかよっ!アンタらはっ!

books20110507P1020453.jpg

books20110507P1020464.jpg


最後は、ラブライブ!関連。


ほぼ、5月に発売されるユニットCD第1弾のことがいっぱいですね。

しっかし、この絵をみるに、
どうやら人気順ではなく、リーダーがセンターのようですね。

ってことは、ユニットCD第2弾のセンターって、
エリチカの姉さんが飾っちゃうってことですかね。

ふむ、第2回総選挙1位の大豪院先輩を差し置いて、
9位のエリチカの姉さんがセンター・・・ですか。

それは素晴らしい。
来月号とユニットCD第2弾は、
保存用・視聴用・布教用を複数買いせねば。

あっ、そういえば、ユニットCD第1弾の曲は、
試聴できたので聴きましたね。

それはもう良い感じでしたよ。

ラブライブ!関連曲は、
なーんか全部の曲のセンスがハマるんですよね。
うー、早くFullで聴きたいです。

しかしまあ、
人数が少ない分1人1人の個性がわかるので、意外とこのユニット計画は、
ラブライブ!の新しい魅力を引き出しているのかもしれませんね。

books20110507P1020454.jpg

あと、グラビアもありました。
未だに大豪院先輩との区別がつきにくいミーゾノさんですね。

前回の総選挙の上位3人までだそうなので、
とりあえずはこれでグラビアシリーズは終了ですかね。

んー、ラブライブ!って結構文章量が少ないので、
ちょいともったいないかなぁ、と。

まあ、来月号以降のスペースの活用方法について、
注目していきましょう。

books20110507P1020455.jpg

あと新要素として、「誌上ファンクラブ」が始まりましたね。
まあ、簡単に言うとスゴイファンコーナーですね。

何でも「ラブカ」というのもを集めると、
テレカやスンゴイものがもらえるそうな。

books20110507P1020456.jpg

入手方法としては、
ファンコーナーの投稿コーナーに応募して採用されるか、
5月以降のCDを買うか、イベントなどに参加するといったコトが挙げられます。

まあ、そういう意味で、
スゴイファンコーナーの誕生というコトです。
実現可能枠としては、投稿かCD購入ですね。
イベントなんてのは怖いのデスよっ!

しっかし、CDはお金かかるし、
投稿なんて生まれてこのかた採用され・・・ん?

books20110507P1020460.jpg



・・・・・・ん?



・・・・・・ん、んっ?



ラブライブ劇場_01


なっ・・・・・・ナンジャコフ?



と、とりあえず落ち着いて素数を数えるんだ。
数えた素数分のG'sを買占め・・・じゃなくて、ええーっ!



神は言っていた、投稿に対する採用要素は「愛」であると。



そんな画力で大丈夫か?



大丈夫だ、問題なかった。



まあ、何と言いましょうか、
ちょっとだけ世界と繋がった気がします。

前から購読していた雑誌とはいえ、
手の届かない世界だと思ってました。

絵を描き始めたのは1年前で、
未だろくにパースなんてなんのそのレベルですけど、
大人になってから遅いなんてコトは無いんですね。


サラリーマンにだって、G'sに掲載できるようになるんだ。


うんっ、まあこれからも、
ヘタなコトばかり描いて送るかもしれません。

たとえコレが最初で最後の掲載でも、
前に進んでいけるだけの勇気をもらいました。


ありがとう・・・ラブライブ!


しかしまあ、4コマは狭いので、
次回は2コマにまとめていきましょうかね。

books20110507P1020459.jpg

books20110507P1020458.jpg

books20110507P1020444.jpg

そして、漫画は今月号もわんさかホイです。

カラすけ的には、
女女さんのターンがよろしかったです。
ちょうど、アニメもそのへんでしたしね。

まあ、漫画群もしばらくは入れ替えは無さそうかなぁ・・・と。
スポンサーサイト

テーマ : 雑誌(既刊~新創刊)
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。