スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零地点突破




というわけで、先の日曜日(7/10)にも、
べびプリOVAの上映会に行ってきました。


早めに行って、スマホでも物色しようかと思ったんですが、
道に迷ってしまい、それどころじゃありませんでした。

ヨドバシを目印にしてたら2箇所ありましたからね。
都会・・・怖いトコです。

ture201100711P1020863.jpg

とまあ、そういうわけで急いで会場入りです。
しっかし、一家族がジャックと並ぶ日が来るとは。

で、今回は、単にOVAを楽しみに来たってのはもちろんなんですが、
上映会後にとあるイベントがあるとのことなので、
それが目当てというのもありました。

で、それが何のイベントかというと、
本OVAのエンディングを歌う「でんぱ組.inc」さんによる、
トークショー&ミニライブです。

えー、特に存じ上げてございませんでしたが、
なんでも行けるならばトコトン進むのがカラすけの今のジャスティスです。

で、あっという間に、上映は終了。
やはり、2回目は安心して観れますね。

しかし、席がちょくちょく空いてました。
初日の満員御礼を体験してる身としては寂しいですね。

まあ、日程的なことや、
今回は料金が1000円ほど高いですしね。

と、余韻にふけっていると、
何やら騒がしくなってきました。
主に、観覧席の方がです。

ん?今、チラッと見えたのは、ルミカライト?
いや、そんなまさかね。

そして、イベント開始。
司会はなんと、ランティスのキサラさんでした。

ラブライ部員の方にはお馴染みの、あのキサラさんです。
正直、その日2番目のテンションアゲぽよポイントでしたね。

そして、紹介の後にでんぱ組.incさんが登場。

すると、観覧席のよく訓練されたファンの方々も動き出してきました。
そして、一瞬にして、純粋なべびプリファンをアウェイに。孔明もビックリです。

どうやらでんぱ組.incさんって、
アキバのどこそこの劇場らしきとこを拠点に活動しているようで、
そのファンの方々が来ていたようですね。

で、もうそっから先は、
でんぱ組.incさんとファンによる絶界の完成です。

いやはや、清々しいまでのファンの方々の統一感、これぞ日本文化ですよ。
この世界を知るためならば、1000円くらいの増額は安いもんですね。

ライブ、ホントによかったですよ。

でんぱ組.incさんがすごいダイナミックに踊りまくり、
ファンの方々も合いの手を入れまくり踊りまくると、
もう手に汗握る攻防でした。

そして、キサラさんが真剣な目で、
ステージをチェックをしてたことを僕らは忘れない。

しかしまあ、こうやって世界が広がっていくのは楽しいですね。
べびプリに興味を持たなければ気付けなかった世界ですから。

とまあ、カラすけの懐古主義な考えを改めてもいいかも、
と思ってしまうほどの興奮でした。

ピコッピクッリッカッて恋しチャオ!

それにしても、でんぱ組.incさんの中のお1人が、
まさかのべびプリ声優さんだったとは。

んー、声優さん関連には疎いなぁ、と。

ture201100711P1020878.jpg

で、後は捕捉ですかね。
本OVA上映会、実は入場者特典なるものがありました。
それがこのメッセージカードです。

ママ美夜さんを含むトゥルー家族20人分の、
公野櫻子先生書き下ろしによるメッセージカードがお一人様1枚もらえました。。

で、全10種です。
わー、そりゃ全員分揃えるのはホネですよ。

ture201100711P1020882.jpg

ture201100711P1020864.jpg

ture201100711P1020865.jpg

ture201100711P1020868.jpg

ただ、リピーター企画として、
上映会の半券3枚で、全種類ゲットできるキャンペーンをやってました。

そりゃあ、やっちゃいますよね。
なるべくファミリーナンバーに座った虎の子の半券よ、サラバッ!

ture201100711P1020879.jpg

しかし、カードと聞いていたんでもっと小さいのかと思ってました。
ふふっ、普通のサイズのカードスリーブを持参していたのは内緒ですよ。

ture201100711P1020875.jpg

ture201100711P1020881.jpg

あと物品の販売も。

タオルに、Tシャツに、バッグとフットワーク重そうなものが多かったですね。
とりあえず、映画館っぽいものをチョイスしてきました。

しかし、全てのグッズの絵柄が同じなのはいたたけませんね。



さて、2日にわたって、
会場を乱してまいりました。



やはり思うのは、
「べびプリ」というジャンルの底力の凄さですね。

OVAの情報とともに、
上映会くらいにはWeb日記の更新も終わるというお話だったので、
これから下火に向かうとばかり思っていたんですよ。

ところがドッコイダー、
ここへ来て俄然盛り上がってきているように感じます。

エライ人は言いました、「続きは売上次第かな」。

おそらく、この言葉が引き出せたのも、
今の盛り上がりをアチラさんが感じ取ったからだと。

果たしてこれからどうなっていくのでしょうかね。

べびプリストたちの「0<ラブ>」が、
終焉の「0<ゼロ>」を吹き飛ばしてくれるのでしょうか?
まあ、その答えを楽しみに待つとしましょう。


願わくは・・・優しき「0」を。


あと、どうでもいいことなんですが、
別館の方にOVAの感想をまとめました。
ネタばれを多分に含みますので、閲覧は自己責任でお願いしますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。