スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねんがんの アイスソード的な

days20120701P1030578.jpg


というわけで、
「透明おりがみ」です。


ダイソーさんで透明なおりがみなるものが売っている、
そういう情報をいつぞやに耳にしまして、
お店に行く機会がある度におりがみコーナーをチラ見すること早幾月、
ついぞ『ねんがんの とうめいおりがみをてにいれたぞ!』ですよ。

普段、おりがみに興味があるわけではありませんが、
妙に気になっていたのでゲットできて嬉しい限りです。
うん、お安いヤローですね。

内容物としては、通常のサイズが9色×各3枚と、
その約4分の1サイズが3色×各1枚ずつです。
その全部が透明ってんだから、ダイソーさんも太っ腹ですねぇ。

え?・・・そう感じません?
玩具とかの限定版ってだいたいクリアーで、
カラすけがそういったものに弱いから、そう思うだけですかねぇ?

まっ、まあ、とりあえず、
「おりがみタイムの始まりだッ!」

では、1枚取り出してぇ・・・っと。


days20120701P1030585.jpg


おお、中々のクリアー度ですねぇ。

100円ショップのモノなので、
もう少し曇ったカラーになっているのかなぁと思っていたんですけど、
いやはやキレイなものです。

ではでは、何を折りましょうかね。

まあ、レパートリーが鶴と手裏剣しかないので、
両方作っちゃいましょうか。

で、折っている途中で感じたのですが、
やや柔軟性があるので、紙のようにピシッと折れませんね。

まあ、そろそろというか何というか、すでにわかっているとは思いますが、
コヤツ・・・紙ではありません。ポリ塩化ビニル製です。

なので、商品名としては「折り紙」とは書いてません。
うん、嘘ではない、アニメじゃない、ホントのことさ。

しっかし、慣れればそうでもないのかもしれませんが、
カラすけのような不器っちょさんにゃあ骨ですぜ。

あと、裏表がちゃんとあるようです。
ツルツルして見た目がちょいと良い面と、
ザラリとした梅酒のような面とがあります。

透明とはいえ、そこはちゃんとおりがみしているようです。


days20120701P1030586.jpg


で、完成です。
まあ、デキは・・・アレですなぁ。


折り目の美しさや色のコントラストを楽しむことはできませんが、
通常の折り紙には無い面白さがありますね。

折り紙というと、かっちりした世界というイメージがあるんですが、
その世界への入口を良い意味でやわらげてくれそうな「透明おりがみ」かと。


最後に少し気になったのが、
「対象年齢6才以上」とちょいとお高めな設定についてですかね。

おそらく、紙と違ってポリ塩化ビニル製だからかと。

小さなお子様が誤って口に入れてしまった場合、
とても危険だからでしょう。

んー、想像力をかきたてる素晴らしいモノなので、
その年頃のお子様から遊ばせてあげたいものなのですが。

そういう夢の素材が早く見つかる事を願っております。


オリオリオリオリ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

透明折り紙と聞いて

こんばんは。
透明折り紙と聞いて、いてもたってもいられずコメントさせていただきます。(あえて拍手じゃなくて)

ダイソーの透明折り紙良いですよね。
鶴が折れるならぜひ、鶴の中に鶴を入れる「折り鶴in折り鶴」に挑戦してみたください。
簡単な割に涼しげで綺麗ですよ~

すげゴマのエントリーだ!

(あらすじ:オリガミはめずらしくない。四聖獣、ドラゴン、ゴリラ、タコ、イーグル。ツルはもっとポピュラーだが…「クリアーシュリケン…アイッ…」スリケンを目撃したことによって当然想起される存在、ニンジャ!キュンスタンはそこから引き起こされるニンジャ・リアリティショックをかろうじて押しとどめた。呼吸は荒い。

カラすけ=サンが闇の存在であるニンジャと繋がっている…あるいは、邪悪なニンジャそのものである可能性をつきつけられたのだ!NRSが重篤なものとならなかったのは、普段から備えることでついた耐性によるものである。それとてフートンの上に積み上げたトランプタワーのように脆く危ういのだが…)

未だ呼吸は荒い。「ハアー、ハアー……アバッ、まだ読んでいないページがある…」キュンスタンはUNIXのモニターを見つめなおした。未読ページはIRC空間の下方に向かって続いている。こんなはずではなかった…まず、玩具や姉妹についての奥ゆかしく豊かな文章を楽しむ。

そして、あたかも非血縁ルートが正義のように扱われる社会に対する不満、プラレール・シンポの充実したトイコーナーについての喜びなどをコメントする。そうやって、運命にとらわれ灰色のメガロシティの中で暮らす己に積もった感情を解きほぐすのだ。幸せを得るひとつの方法…そうだ、マンガを読もう。

(((たわわな胸とツヤのある唇によってヒロイン・アトモスフィアを重点している)))この豊満さは…実際欺瞞ではない。オフィシャルなウキヨエとの矛盾はない。アニメ化したときは更に倍点されたこともあるのだ。(((陰をおとした顔とバキめいた台詞でヒロインのなんかを投げ捨てている氷柱とはタイショウ・テキだ)))

少女のウキヨエは美しい。触れることのできる花のように。そして美しい花を目にして心が癒されるように、姉妹のウキヨエで心は豊かになり幸せになるのだ。「カラすけ=サンは実際すばらしい。そして、原作者=サンはほとんどブッダだ」そう、ニンジャなどいない。キュンスタンはコメントを送るべくタイプを始めた。

長男たちが聖典とあがめ求める電撃G'sマガジン。毎月30日発売。原作者=サンの綴る姉妹のIRCダイアリーも区切りのついたこのマッポーの世界では、姉妹を構成するオフィシャルで新しい情報は聖典に連載されるマンガと、原作者=サンの多忙によりいつ発売されるかしれぬカルイブンコだけだ。

姉妹は情報としてその中に生きる。そしてそれを読みとった長男たちそれぞれのローカルコトダマ空間の中で再構成され、生活する。そしてノンオフィシャルである独自の変化をとげ、IRC空間を通して他の長男の目に触れ、情報として流れ込み、彼らのローカルコトダマ空間内でさらに再構成され…生きているのだ。

G'sマガジンは毎月30日発売。それも日本の中枢、カントーでの話しだ。僻地では1日、2日遅れであり、日曜を挟めば3日にもなる。地方出身者が経験するもどかしさだ。キュンスタンもまたそれを味わっていた。加えて都合悪く書店に行かなかったため、発売日にも関わらずマンガを読めていない。

雑誌を買えない事によって一般人や長男からムラハチにされる心配はない。ムラハチとは、陰湿な社会的リンチのことである。純粋に自分の楽しみのために購読するし、姉妹は己のローカルコトダマ空間の中に生きている。最悪ヒキコモリ、無人島などでスタンドアローンとなろうとも己の中の姉妹は問題ない。

ただ、読めなかったからこそぐれたかほの更新はより楽しみになったのだ。ネタバレなど痛くも痒くもないし、他の長男のローカルコトダマ空間に生きている姉妹の姿をすこしおすそわけしてもらうのはやはり幸せだ。…これをコメントしよう。その前に、次なるページ「拍手コメントへのお返事です」のミンチョ体をクリック。

……その時!

「アイエエエエ!雛子アイエエエエ!」ナムサン!シスター・リアリティショックだ!ニンジャを超えシスターが現れたことで精神キャパシティが破壊されてしまったのだ!カラすけ=サンはIRCネーム設定によりあらゆるキャラクタアーにおにいたまと呼ぶことを強要しているというのか!?狂気!

フィジカル・トレーニングスペース。あきらかに男性名であるユージ。彼がこれまたあきらかに女性グラフィックである主人公に「だいすき」「おにいたま」と告げることでさらに読者を混乱の渦にまきこむ!ゴウランガ!ひとつ奥の女性キャラクタアーが霙めいていることも動揺の原因だ!ゴウランガ!ゴウランガ…

……

…外ではバイオスズメが鳴いている。気絶めいて眠っていたのか。つけっぱなしだったUNIXを操作し、途切れていたタイピングを完了。シスター・リアリティーフィードバックの可能性を抱えながら、今日も1日が始まる。

「アパシー・ウィズ・フィッシュブラッド」♯2 おわり ♯3へつづかない

> ほうじ茶 氏

どうもです。

そうですねぇ、単体で涼しげなところも、
この透明おりがみの面白さですよねぇ。

で、「折り鶴 in 折り鶴」っていったい・・・、ゴクリ。

何ですか、その「チーズ・イン・ハンバーグ」のごとき素敵ワードはッ!
初耳なんですけど、どこの村の村長からその秘密を聞けばいいんでしょうかね?

まあ、そこは「ほうじ茶氏のおりがみアイドル アイ!マイ!まいん!」講座が、
開催されると信じてます・・・ええ、勝手にッ!!

あと「ブラックモンブラン」をどこで手に入れたかも一緒に白状するんやッ!!

コメントありがとうございました。

> きゅんすたん さん

文章のレベルが高すぎてこんなとき、どういう顔をすればいいかわからないわ。
つまり要約すると、烈海王のボクシング編はまだですか?ということですね。

まあ、兎にも角にもいろいろありましたねぇ~ってコトですね。

その割に、きゅんさんに関する情報が、


・格闘技スキル保有している
・九州県民である
・マイシスは可憐ちゃんである
・舞姫は森鴎外である
・舞HIMEはパチスロである
・マイマイスクールはダイエーの屋上にもある
・マイメロディーはくるくるシャッフル
・マイトガインよりガオガイガーである
・毎日毎日僕らは鉄板の上である


くらいしか、わかっていないんですけどね。

だけど、これだけは言えます。


「~アル」という語尾よりも、
「~ヨロシ」という語尾が素敵じゃねッ!?


コメントありがとうございました。

・・・いろいろシドイっ!

コメントへのコメントへのコメントです(笑)

「折り鶴 in 折り鶴」は文字通り折り鶴の中に折り鶴を入れる変わった折り鶴です。
宣伝みたいになってしまい申し訳ないですが右下のURLから過去に折り鶴 in 折り鶴を作った時書いた日記(のリメイク)に飛べます。

作り方は正直「力ずく」です。作り方の詳細をいつか書こうとは思っていますが、そこまでのテンションのものは僕には無理そうです(笑) ハイテンションな文もいつか書いてみたいものです。

ブラックモンブランですが母校の生協に何故かありました。
が、完売してました・・・

> ほうじ茶 氏

何ということでしょう。
匠の手によって、折り鶴の中に折り鶴の中に折り鶴の中にズルズル・・・。

おおー、まさに透明おりがみを生かした素晴らしい作品じゃないですかッ!!
冷やし中華の中央にドーンと置きたくなるような折り鶴ですねぇ。

しっかし、どっからパイルダーオンしているのか全然わからな・・・。

あっ、そうかプロフィールの写真って・・・。
これは是非ともテンションと茶柱が高めの、
ほうじ茶氏講座を開いてくださいよぉ~、先生ぇ~。

そうか、ブラックモンブランはみんな大好きなんですね。
それがわかっただけでも満足です・・・くすん。

コメント&ご教授、ありがとうございました。
プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。