スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうさあの人は天使だった

いつも購読している漫画雑誌を買いあさってボチボチと読んでいると、
とある裏表紙の内容が飛び込んできました。


day20121128img108.jpg


これは見過ごすわけにはいかんぜよッ。


day20121128P1030891.jpg


day20121128P1030892.jpg


day20121128P1030893.jpg


というわけで、
「岡崎律子トリビュート-The 1st Star-」です。


CDアルバムですね。

ただし、一般に流通しているモノではなく、
同人CDに近い位置づけです。

あと、岡崎律子さんご本人が歌っているわけではなく、アルバムタイトルの通り、
岡崎律子さんを敬愛したアーティストたちによるリアレンジ作品です。

というのも、岡崎律子さんは2004年に病のため44歳の若さでお亡くなりなっていますから・・・ね。

シスプリから岡崎律子さんの曲に触れ始めたにわかではありましたが、
カラすけも初めて知った時は枕を濡らしたものです。

惜しい方が亡くなられたな、と。

ウチは音楽的なことは何一つわかりゃしませんが、
岡崎律子さんの凄さはそれとなくわかりました。

岡崎律子さんの作られる曲というのは独自の世界観があるんですよ。

で、その世界観ってのは、
提供している作品や寄与先についてを表現したり謳ったりはしていません。

あくまで自身の世界観しか表現していない、そんな気がします。

しかし、そんな特異な曲であっても提供先の作品に、
時間が経つにつれ、何度も聞いてるうちに、バスっとハマってしまうんですよ。

今放映中のアニメ「好きっていいなよ。」の主題歌で、
岡崎律子さんの曲が使われていますが、まさにアレな感じです。

まさに空気のような曲。
無くてはならないほど重要で我が強いのに、
あたりまえになるほどによく馴染んでしまう。
これが岡崎律子さんの魅力であり凄さだと思います。

まあ、我流な解釈ですが。

兎にも角にも、カラすけから見ても素晴らしいお方ですから、
こうやってトリビュート作品が生まれるんでしょうね。
一介のファンとしては喜ばしいことです。
これを機に、岡崎律子さんの作品に触れてくれる方が増えてくれんことを。

以下、ちょいとアルバムを聴いたヘタな感想でも。

  
 
全6トラックを曲順に駄文を綴る也、と。



1.Introduction

2曲目の「A Happy Life」に繋がるイントロだそうで、お時間は約30秒ほど。
Pritsのサクレボでも同じ趣があったような。

シャッフル機能使うとなのこっちゃですが、
アルバム1枚を1つの大きな作品にみなすこういった趣向はカラすけは好きよ。

ただ、パソコンで聴いてたんですけど、
次の曲との曲間が少し長いのは気になりますね。



2.A Happy Life(綾依夏子)

岡崎律子さんの曲の中で、カラすけが一番好きな曲です。
「幸せな生活」を送るために必要なコトを謳った歌詞に、
何度背中を押されたことか・・・。

もう、ご本人様歌唱ver.は涙無しでは聴けないです。

しかし、今回のアルバムver.を聴いて、
この曲は歌い手によってガラリと印象を変える曲のようですね。
アニメ「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」の主題歌として林原めぐみさんが歌われてましたが、
これもまた他の「A Happy Life」とは違う印象を受けました。

面白いですね。
まるで1人1人に違った「A Happy Life」がある、
そいうことを訴えているような曲です。



3.4月の雪(尾形聡子)

またも名曲からチョイスですね。

これはタイトル通りの素直な歌詞で、
優しく春の訪れを歌い上げた曲ですね。

あまりリアレンジをかけずに大切に作られいるような気がしますね。
原曲よりも春の力強さが増している・・・そんな感じかな、と。

何度も聴いているうちに好きになる、そういった曲ではないでしょうかね。



4.ドラマティック・ナイト【初収録】(堤真耶)

岡崎律子さんのアマチュア時代の未発売楽曲だそうです。

他の曲とは違って、コーラスの美しさを求めて作っている感じがします。
カラすけ的には、伊藤真澄さんに参加してほしいですね。

で、「ナイト」とタイトルで謳っている割に、
その後の夜明けを想像させる曲です。

ふむ、是非ともご本人ver.も聴いてみたかったですねぇ。



5.Forフルーツバスケット(榊美香)

岡崎律子さんの曲の中で、
知名度は一番ある曲ではないでしょうか。
アニメ「フルーツバスケット」の主題歌でしたし。

この曲はとにかく完成度が高いですね。
おそらく、ちょっとでも誤って手を入れてしまうと、
曲の世界観が崩壊しかねないほどに。

なので、リアレンジをするにあたってもそう思い、
そこまで手を加えられなかったんじゃないのかなぁ、と。
よく選曲して、歌ったなぁと感心しちゃいましたよ。



6.Agape(Millio)

メロキュア名義の名曲からですね。

しっかし「無償の愛」とは、
岡崎律子さんに捧げるアルバムのラストを飾るに相応しい選曲ですよ。
やはり、1アルバムで1作品なんでしょう。

入りとラストのアレンジは好みですね。
あと、コーラスが原曲よりも厚みがあって気持ち良いッ!!


天使なんかじゃない


しっかしまあ、「彼女が天使になってから・・・早8年」という、
公式HPの謳い文句がよく似合うおかたですねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。