スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガブッと暴れるぜ、止めてみな!

さくらんちゃん


そういえば、アイカツ!第5弾のプレイ開始が遅れたため、
「ソレイユ」か「トライスター」に所属できませんでした。

くっ、くやしくなんかないんだからねッ!
ウチらにはまだ「ぽわぷり」という第三勢力もあるんやからッ!


でもまあ、別の何かでこの虚しさを和らげるとしましょうか。


toy20130720-P1040298.jpg


というわけで、
「ガブQ」です。


かの有名な「チョロQ」ブラントの延長線上のモノでしょうか、
ワニ型のプルバックカー玩具です。

そういえば、最近の「チョロQ」シリーズというと、
電源を必要とするモノやリアル思考の高価なモノとが続いていて、
ややお子様が手軽にゲットできるモノではなかったような・・・。

なので、お子様向けの安価でカワイイ玩具という「チョロQ」の本懐、
それを久々に感じられて嬉しい限りです。

ただ、可愛くデフォルメされてはいますが、
「ワニ」モチーフが今の子どもたちに受けるのかちと気になりますね。


では、ちょいと中身について見ておきましょうか。


toy20130720-P1040299.jpg


toy20130720-P1040300.jpg


toy20130720-img202.jpg


toy20130720-img203.jpg


toy20130720-img202 - コピー (2)


toy20130720-img202 - コピー


といいつつ、まずは外箱です。


中々のブレイブ・・・いやっ、情報量ですね。

どうも、この玩具には説明書が付属していないので、
必要なコトはあらかたこちらに記載されているようです。

元々チョロQは直観的に遊べる玩具ですから、
説明書なんてのは不要なんですけど、
プルバック以外のギミックが付いているのに説明書が無いのは珍しいやもですね。

あと、実際に中に入ってる玩具は外箱からは確認できません。

それもそのはず、全5種類のカラーの中からランダムで入っているからです。
ふむ、チョロQでは珍しい商法ですね。


ではでは、中身をば。


toy20130720-P1040301.jpg


内容物は、

・ガブQ本体
・エモノプレート
・シール

の、以上3点です。


あんまり文章を綴る時間が無いので、
「ガブQ本体」だけについて見ていきましょうか。


toy20130720-P1040304.jpg


toy20130720-P1040305.jpg


toy20130720-P1040306.jpg


toy20130720-P1040307.jpg


シールを貼るとこんな感じです。


toy20130720-img201.jpg


デザインはチョロQらしくキュートなデザインになっていますが、
モチーフの「ワニ」が持つ力強さも併せ持っているような気がします。

ただ、説明書が無いのでシールを貼る場所は、
シールの台紙や外箱の写真を参考にということでアバウトになります。
しっぽのシールの貼り場所なんかはわかりづらかったですよ。


さて、注目なのは、
ギミックのキモとなる可動部分ですね。


toy20130720-P1040308.jpg


toy20130720-P1040309.jpg


その一つが「お口」です。


こちらは通常、上に開き、
お口の中にあるスイッチパーツを押すことで、
または振動や衝撃が本体にかかることにより、
お口が自動で閉じます。ガブリッチョ!


toy20130720-P1040310.jpg


二つめは「しっぽ」ですね。


尻尾は左右に回転します。
本体の後ろから向かって時計周りに回すと、
バネ(かな?)が巻かれてチャージが行われます。

で、このチャージ、
お口が閉じたときに連動して解放(逆方向に尻尾が回転)されます。
すると、その勢いでガブQ自体が大回転いたします。メッチャムーチョ!!


さて、そろそろお分かりかもしれませんが、
チョロQのブルバックアクション、
そしてこのギミックを合わせることにより、
ガブQが真価を発揮します。


では、お口を開口、尻尾をチャージした状態で、ガブQを走らせて、


toy20130720-P1040303.jpg

toy20130720-P1040302.jpg


エモノプレートなどの障害物に当ててみましょう。


toy20130720-P1040311.jpg


すると、カミツキアクション&デスローリングと、
実際のワニさながらの動きを魅せてくれるのです。


まあ、動きが早すぎてわかりづらいんですけど・・・ね。


でも、シンプルながら派手なアクションは面白く、
買ってすぐ遊べるようにエモノプレートが付属と、
プレイバリューはなかなかのモノでは、と。

なので、話題になっているのはアプリのゲームだけってのは寂しいものです。

んー、なーんか売り場の方では、
隅っこの方でポツンと置かれることが多いんですよね。

カラバリのみで実質1種類だけとかじゃなく、
個体ごとのギミックを付けるなどさらなる工夫ができれば今後バケそうな玩具やもです。

ただその際には、ランブー商法はやめたげてくださいね、と。
2個買って、2個ともイエローでした・・・からね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。