スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転!!バトえん塾 その11

あんしゃんて「転!!バトえん塾」です。

今回冒頭で取り上げる「属性タイプ」は、


バトえん20150126P1260002


「毒(どく)タイプ」になります。

「毒」と言われると、記憶に新しい「どくキャップ」、
それを装着させる技を持ったキャラが多いのかしら?と想像されるかもしれませんが、
そんなやつは手持ちのバトエン11本中1本しかいないです。

うん、まあ、「毒」ってなんでしょうね。
では、まずはいつも通り「相性」から見ておきましょうか。


バトえん20150126img369 - コピー


①「エスパータイプ」に弱い

「エスパータイプ」のポケバトからはダメージを受けやすいぞ。


②「草タイプ」に強い

「草タイプ」のポケバトへはダメージを与えやすいぞ。


この辺は特記すべき事象も無し、と。
あとは「毒タイプ」について個人的な見解ですね。


バトえん20150126P1260004


「ニドラン♀」 たまごがかえった 次から4回ふる


バトえん20150126P1260003


「ゴース」 はじめからむてき


バトえん20150126P1260005


「ドガース」 くろいきり キャップは無効


バトえん20150126P1260006


「ニドリ-ナ」 みだれひかっき 全員に10のダメージ もう1回ふる


前々回の火力が強い「炎タイプ」と違いまして、
「防御」に秀でたタイプかなぁと。

相手の攻撃や特殊技を防いだり、
相手に攻撃の隙を与えること無く倒せてしまったりと、
そういった「相手に何もさせない効果」持ちが結構いますからね。

なのでまあ、バトル序盤で差をつけたいときや、
バトル終盤の粘りとして使うのが吉かと。


と、横道はこの辺で、以下本編をどうぞ。


バトえん20150126P1260012


バトえん20150126P1260011


バトえん20150126P1260010


今回は「ポケットモンスターバトエン?」より「ウツボット」です。


価格:不明(内容物不明)

販売:1998年?~?

販売元:株式会社エニックス(当時)

遊び方:2~4人プレイ推奨。
えんぴつを転がして相手にダメージを与え、最後まで残っていたプレイヤーの勝ち。

マーク:●
属性タイプ:草タイプ


エニックス版「ポケモン」バトえんから適当なチョイスの第2弾です。

特記すべき特徴が、前回の「ウインディ」と似たようなものなんですけど、
まあ、今までにご紹介していない「効果」ですので、ここらで語るべ、と。

では、まずは「ウツボット」の6面を見ていきましょうか。


・つるのムチ ★に40 「地面タイプ」に40のダメージ(黄色背景)

・はっぱカッター 40(黄色字) 80(赤字) のダメージ

・つるのムチ 「水タイプ」「地面タイプ」に40のダメージ

・はっぱカッター 40(黄色字) 80(赤字) のダメージ

・つるのムチ ●に40 「水タイプ」に40のダメージ(黄色背景)

・はっぱカッター 40(黄色字) 80(赤字) のダメージ


バトえん20150126P1260009


バトえん20150126P1260008


「つるのムチ ★に40 『地面タイプ』に40のダメージ」

「つるのムチ ●に40 『水タイプ』に40のダメージ」


どこかで、似たような面について説明したとは思うんですが、
もう一度この面についてはご説明をば。

というのも、前回は「マーク」の所が「全員」でしたからね。
今回のように「マーク」指定だと対象がちょいとややっこいんスよ。


「つるのムチ ★に40 『地面タイプ』に40のダメージ」

では、こちらを使って説明しますね。



①マーク:★  属性タイプ:地面タイプ

まずは、上記のバトエンに対して、
これはダメージ量は「80」です。

まあ、これはわかりやすいですね。



②マーク:●  属性タイプ:地面タイプ

このパターンだと「属性タイプ」が対象になっているので、
ダメージ量は「40」です。

もうお分かりですね。

この表記は「条件が2つあり」、
1つでも条件にあえば、その分のダメージを受けるんですよ。



③マーク:★  属性タイプ:地面以外のタイプ

この場合は「マーク」が条件に合うので、
ダメージ量は「40」です。



④マーク:●  属性タイプ:地面以外のタイプ

この場合は、当てはまる条件が無いのでノーダメージです。



とまあ、パターンを全部上げるとこげな感じです。
しっかし、こう見ていみると「こうかはばつぐんだ」的な要素ではなくなりますね。

ダメージが通りにくいっていうポケバトの欠点はこれで拭えますけど、
ポケモンバトルらしさが少し損なわれているような気がして、
カラすけはちょいとなんだかなぁとは思いますよ。


バトえん20150126P1260007


「はっぱカッター 40(黄色字) 80(赤字) のダメージ」


さて、先のワザについての言及が長くなりましたが、
本題はこちらですよ。

これまた不思議な表記ですね。

まあ、前回の「ウインディ」について覚えていれば、
なんとなく予想はつきそうですよね。

そうです、この面が出ると、
これまた対戦相手にバトエンを転がしていただきます。

で、バトエン上部の「シグナルゾーン」を見て、
「黄色」が出たら「40」ダメージ、
「赤色」がでたら「80」ダメージってな具合になります。

「緑色」が出るともちろん・・・ノーダメージです。

ポケモンでいうと「きゅうしょにあたった(クリティカル)」を意識しているそうです。
結構な大ダメージ喰らうことがありますけど、理不尽な感じでは無いのでこのシステムは好きですよ。

6面中3面がこの「はっぱカッター」、対象を選びませんし、
この「ウツボット」中々お強いやもしれませんね。


では、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。