スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリオンをなぞる 後編

prev オリオンをなぞる 前編

というわけで、
「月刊コロコロコミック10月号(2011)」です。


後編の今回は、
漫画のしょんぼり感想録になります。

さて、以下はネタバレを含みますので、
閲覧は自己責任でお願いしますね。

 

続きを読む

オリオンをなぞる 前編

 books201100918P1030189


というわけで、
「月刊コロコロコミック10月号(2011)」です。


ちょいと、まとまったお時間が取れないので、
カラぺの気になる玩具記事と漫画の感想を分けて駄文を綴りますね。

前編となる今回は、
カラぺの玩具記事を見ていくことにしましょう。

 books201100918P1030192

しっかし、前にコロコロのガンダムについて書きましたが、
表紙にガンダムがドーンっとあると、ますますボンボンっぽいですね。

 books201100918P1030195


ベイブレード関連。


また掲載位置が下がってますね。
ついぞヨーヨーよりも後方に・・・。

まあ、漫画と違って、
別に掲載位置が人気そのものって訳じゃないですよね?

新ベイ「ファントムオリオンB:D」について、
先月号よりも魅力的に描かれています。

わかり易いですね、「8分も回る」って謳い文句は。

確かに、簡単によく回る機体なので、
今から新規で入る方に、ベイの面白さを伝えるには最適かもしれません。

ただ、近所の売場ではあまり売れてませんでした。

聞くところによると、
あの顔に見えるウィールデザインがネックになっているんだそうです。

まあ、ネタになりそうなんですけど、
漫画でもスルーしてましたしね。

機能的には申し分ないんですけど、
もう少し正義超人的なデザインが欲しかったですね。

 books201100918P103019<br />6

あと、おウチでベイ太がッ!

年末商戦用なんでしょうけど、
今のこの時期に出すには結構な冒険やでぇ!

 books201100918P1030197


爆TECH関連。


新しい爆TECH機体が、
一気に2機もお披露目です。

先月号までのシルエット見るに、
グリフ兄弟の次世代機かなぁと思っていたんですが、
違うキャラ用の機体のようですね。

そして、相変わらず初回情報は、
デザイン以外は特に詳しいことは語られません。

まあ、何となく特徴は「尻尾」と「爪」なんでしょうけどね。

あっ、ちなみに咬アナコン購入しましたよ。
他の機体と並べると、横長さが際立ちますね。

結構、戦略のコンセプトが好みなので、
デッキに組もうか思案中です。

 books201100918P1030194


ヨーヨー関連。


掲載位置が前の方に出てきましたね。

ってことは、こちらの新商品、
期待の一品って事なんでしょうか。

どう見ても、前回ブーム時の「ハイパーブレイン」です。
ありがとうございます。

「クロスブレイン」は既に出てきましたから・・・あれ?
前回のを逆行してませんか?

でもまあ、一番盛り上がっていた時期のモノなので、
その時を体験していた身としてはワクワクしますね。

なんだか、この先の進化機体も用意しているようなので、
ちょいと今後に期待しちゃいます。

 books201100918P1030199


ビーダマン関連。


いやー、もう好き勝手やってますね。

アニメ化の情報はドーンっと載ってましたけど、
なーんかワンテンポ遅れている気がしますね。

まあ、詳しくはWebを見ろってんですかね。

んー、コロコロとしては、
どう盛り上げていきたいのか見えてきませんよ。

とりあえずは、アニメを観て考えますかね。

しかし、新規機体の扱いが小っさいです。

デザインとか画期的ですよ。
もっと掘り下げていきましょうよ、発売も近いんですし。

 books201100918P1030198

あと、懸賞コーナーに出ていた機体について、
ビーダマン関連の記事では一切語られていません。

もう、全ビーダーがツッコミを入れてましたよッ!
伝説だよッ!スペシャルで!2000回で!模擬戦なんだよォ!

しっかし、今回のビーダマンのデザインって、
結構リアル路線なんですかね。


さて、いつものところはこんな感じで。
あとは、その他に気になった玩具でも。


 books201100918P1030190


ダンボール戦機。


ついこの間「ジョーカー」を買ったばっかりなのに、
もう「パンドラ」や「フェンリル」を出す頃なんですね。

んー、お早いお早い。

ただ何度も言ってますけど、
メインパーティーの機体ばっかりなので、
まんべんなくLBXは種類出して欲しいんですよ。

 books201100918P1030191

クイーンとか、さくら☆零号機とか、クイーンとかッ。

そういえば、データカードダスも始めるそうですね。

主人公はアバターかぁ。
「矢沢リコ」先輩チィーッス(?)って、
できないじゃないですか、コンニャヤロー!

 books201100918P1030200


ビタオシジョーギ。


文房具玩具ですね。

対戦型ホビーのようで、
光の動きをウマいこと「ビタッ」と止めて遊ぶそうな。

文房具玩具って、いつの時代にもありましたけど、
学校に持っていくと完全に没収されそうなレベルですね。

しっかし、どうしましょう。
「KUSABI」以来の地雷臭がしますよ。
文房具の中で、定規って結構な割合で代替が効きますから。

願わくは、一度でも売場にズラリと並べてくれんことを。

 books201100918P1030201


ボルテックス。


「ナーフ」というシューティングトイの流れを受けて、
「ボルテックス」という新しいシリーズが始まるそうです。
「ナーフ」が好きなので、実は結構期待しております。

で、シリーズが変わると何が違うのかというと、
大きなところでは発射する弾の形状が違います。

ボルテックスでは、それが「ディスク型」である、と。
しかし、それだと安全面が気になりますね。

故意のメガラバ

ディスク型って、目に行きやすい形状じゃないですか。

それに、「飛距離ハンパねー!!」って言っているってことは、
発射威力が結構あるということなんでしょう。

ビーダマンでさえも地面に置いて遊びましょうという昨今に、
どういう注意書きや遊び方の推奨で安全面を確保してくるのか、
そのあたりにも注目です。

しっかし、11月発売ってちと遠いなぁ、と。
年末商戦に向けてってことなんですかね。


とまあ、玩具関連の記事はこんなところでしょうか。
あとは、漫画でも読みましょう。

そんなこんなで、しょんぼり感想は後編へ続くのであった。

next オリオンをなぞる 後編

杞憂特戦隊




というわけで、
「G's magazine 10月号(2011)」です。


さあて今月号も、
ゆるく浅く読んでいきましょうか。

そういえば、先月号に引き続き、
今月号も立体物のオマケが付属していたので、
品切れになるのかなぁと思っていたんですが、
杞憂に終わりましたね。

んー、未だにそのあたりの、
立体物やキャラ人気事情はよくわかりませんよ。

では、内容を見ていきましょうか。


まずは「シスプリ」関連。


恒例の読者ランキングからですね。
で、今月号もシスプリ勢の掲載はありませんでした。


くっ、無念ナリ。


今月発売の「アニメディア 10月号」に、
アニメディア創刊30周年記念ピンナップとして、
『シスター・プリンセス』が付属していなかったら発狂もんでしたね。

まあ、ここらが意地の見せ所ですよ、勇者の方々ッ!

まだ慌てるような時間じゃないですが、
そろそろ浮上させましょうね!

other201100904P1030157.jpg


お次は「べびプリ」関連。


カラペのネタはどうするんだろうと思っていたら、
案の定、苦しい企画でページをお埋めになってました。

しっかし、「名(迷)ゼリフ」って・・・。

もともと、登場人数の関係上、
セリフが少ないキャラだっているんですけど。

んー、そういう子は、
しゃべったら即名言認定なんですかね。

というか、投票形式にして、
名言のナンバーワンでも決めれば、
2ヶ月もったんじゃなかろうか、と。

ちなみに、

other201100904P1030158.jpg

我らがみづきちさんはこんなんでした。

観た人はわかると思いますが、
可も無く不可も無くの無難なチョイスなんですよね。

カラすけ的には、
その後の「謎の鼻歌」が最高だと思うんですけど。
それか「見直したぁー!」ってやつ。

さて、来月号は、
どういう企画でページを埋めてくるのか楽しみですね。

other201100904P1030159.jpg

other201100904P1030160.jpg

あと、OVA上映会のイベントの様子と、
ラジオの公開録音の様子が紹介されてました。

うほっ、ゴッドのお写真が載ってるじゃないですか。
これは永久保存モノですよ。

しかし、眺めていると、
その時のことを思い出しますね。

無我夢中で参加してしましたが、
やっぱり楽しかったなぁっと。

ふむ、お次のイベントをお待ちしておりますよ。

あと、どうでもいいコトですが、
ラジオの公開録音の写真に、
おそらくですがカラすけが写り込んでます。

顔は写って無いんですけど、
膝上に手提げ鞄を置いていたので、
たぶんアレだなぁ、と。

とまあ、カラぺはこんな感じですかね。

モノクロページで気になったのは、
「ストーリー漫画」ですね。

other201100904P1030163.jpg

other201100904P1030164.jpg

ホっちゃんとみづきちさんの連携が
とても自然だったのが、何だか嬉しかったです。

大げさなお礼や心配をせずに進んでいく展開は、
このコンビが信頼し合っている感じが出ていて、
ご飯が美味しゅうございました。

そういえば、以前も洗濯モノを取りこむときに、
セットで登場してましたね。

深山先生も、このコンビを認定したんでしょう。
なので、ウチも大手を振ってコンビネーションを使えるってもんですよ。

しっかし、今月はページが少なくて、
話の本筋が進みませんでしたね。

ってことは、1ヶ月おきにこういう感じのが入ってくるんでしょうか。

ふむ、まったり進めていく気ですね。
あと10年は戦えるじゃないですかッ!

other201100904P1030165.jpg

あと、今月号も俺の空が可愛いッ!

other201100904P1030161.jpg

other201100904P1030162.jpg


最後は「ラブライブ!」関連。


今後の展開などについて語られてますね。
飽きさせず、かつ燃え上がるようにスケジュールがびっしりと。

イベントなども活気づいてきて、
順調にファン層が厚くなってきているように感じます。

ただ、どっぷり浸かると、
スゴイお金が必要な感じになってきてますね。

そのうち、
「ラブライブ!に使った金で家が建ってたよ」とか言われそうですよ。

全世界が黙殺ッ!

あと、カラすけのネタハガキが、
ファンページの投稿コーナーでことごとく黙殺されてますね。

愛はあるんですけどねぇ。

んー、イラストは真面目路線なんですね。
しばらくは文章ネタでも送ってみますか。

other201100904P1030166.jpg

other201100904P1030167.jpg

other201100904P1030168.jpg

漫画は今月号もよろしくってよ。

「Rewrite」の漫画の小鳥さんの言葉選びが大好きです。

テーマ : 雑誌(既刊~新創刊)
ジャンル : 本・雑誌

夏かしき時季

book201100817P1030056.jpg


というわけで、
「月刊コロコロコミック9月号(2011)」です。


そういえば今月号は、
お盆スケジュールで早めに買えていたんですね。

ってことは、今更語ってもスローリィーなんですよね。
まあ、ユルアニっと程度に綴っておきますか。

では、まずは気になる玩具関連から。

book201100817P1030060.jpg

book201100817P1030061.jpg


ベイブレード関連。


ん?掲載位置が下がってます?
まあ、別冊付録もあったコトですしね。

毎度毎度の新ベイ登場ですね。
その名も「ファントムオリオンB:D」。

金属ベアリングを使い、
「爆転」を超えた「極転」持久を生み出すとかナントカ。

金属パーツかぁ・・・。
そろそろ磁石にくっ付いちゃうお茶目パーツを所望したいんですが。

で、動画を観ましたけど、安定した回転を見せてますね。
あとは防御性能を確認したいところなんですが、
そこは買ってからのお楽しみですかね。

ふむ、大会で波乱を起こしてくれるベイになっちゃうんでしょうか、
期待大ですね。

book201100817P1030059.jpg

book201100817P1030058.jpg


爆TECH関連。


今後の爆TECH販売ラッシュを予感させる、
何種類かの新爆TECHのシルエットが出てました。
で、その中の「咬アナコン」の情報を一部解禁です。

いやはや、最近の爆TECHシリーズは、
コンセプトやデザインが面白いですね。

あまりバトルは出来てませんが、
集めて眺めるだけでも楽しいので、
残りの数機種も楽しみですよ。

book201100817P1030070.jpg


ヨーヨー関連。


ぼちぼち上位機種が出てきましたね。
まあ、果たしてお子様がついてきているか心配ですが。

イマイチ売場の盛り上がりが寂しいんですよね。
理由は、前回のブーム以上の事をやれてないからですかね。

なので、オフストリングプレー解禁させましょうよ、ねっ!

book201100817P1030063.jpg

book201100817P1030066.jpg


ビーダマン関連。


新ビーダマン情報が出ました。

デザインが悪役っぽいですね。
アニメ化を意識してきたということでしょうか。

book201100817P1030064.jpg

でも、カラすけ的には好きなデザインなんですよね。
手や足がが大きいデザインって。

なので、愛機候補です。
楽しみ楽しみ。

book201100817P1030065.jpg

ただ、カスタマイズ例で、
そのイチオシの「大きな手」を使わないなんて・・・。
トンデモチョイスに脱帽です。


いつものところはこんな感じで。
あとは、その他に気になった玩具でも。


book201100817P1030067.jpg


ミニ四駆。


あまり四駆郎ではなんですが、
一同に機体が集合すると興奮しますね。

小学生レーサーが急増中ですか。

きっとミニ四世代の親御さんが、
お子さんと一緒にやっているのではなかろうと。

んー、ビーダマンもこうならねぇもんですかね。

ちなみに、カラすけの愛機は、
「トム・ゴディ・スペシャル」でした。
肉抜きがしやすいんですよね、あのシリーズ。

book201100817P1030069.jpg


バーチャルマスターズ。


体験型の釣りゲームですね。

おもちゃ屋で体験機があったのでやったんですが、
中々に面白かったですね。

画面もカラーで中々の解像度と、
次世代を感じさせる一品でした。

ただ、リールを巻く音がデカイので、
そこが日本の住宅事情に合わないかなぁと。

お値段は割としますけど、
年末商戦とかにオススメできる商品かも。

book201100817P1030057.jpg


ダンボール戦機。


プラモが続々出てますね。

で、やっとこさ、
女性型LBXの新機が出るそうな。

ふむ、嬉しいんですけど、
やっぱり「アマゾネス」や「クイーン」といった、
わかりやすいところを先に出して欲しかったですね。

まあ、長く続けば・・・いけるの、かな?

book201100817P1030079.jpg

負けの美学

あっ、そういえば、
待ちに待った「ジョーカー」をゲットしましたよ。

でも、取説書の漫画にあるように、
3機揃えてこそのかませ・・・グフン、
3機揃えてこそ最大限の魅力を発揮しますからね。

あと2機・・・買うしかないようですね。
まあ、なんだかノセられているような気もしますが。


とまあ、気になる記事はこんなところで。
あとは漫画でも楽しみましょうか。

さて、以下はしょんぼり感想録です。
ネタバレを含みますので、
閲覧は自己責任でお願いします。
 

続きを読む

テーマ : 雑誌(既刊~新創刊)
ジャンル : 本・雑誌

かいつまみ




というわけで、
「G's magazine 9月号(2011)」です。


今月もお暇が少ないので、
バサラっと読んでいきましょうかね。

そういえば今月号は、

books201100810P1030015.jpg

噂のエリット嬢のねんぷちが付いてました。

そのため前情報では、
売り切れが懸念されてましたっけ。

でもまあ、なんとか買えました、と。

確かに今となっては売り切れてますが、
発売初日は割と積まれていましたからね。
なので、早めに動けていれば入手は難しくはありませんでした。

まあ何にせよ、手に入ってヨカッタヨカッタネ、と。

しかし、来月号はもっと怖いオマケが・・・。
がっ、頑張りましょうっ!

さて、気になるトコでも見ていきましょうか。


まずは、シスプリ関連。


いつもの読者ランキングなんですが、
今月号はシスプリ勢の掲載は無しです。

んー、残念です。

まあ、来月号はきっと大丈夫でしょう。
勇者の皆様方、期待してますよ。

だけども、今月は、
シスプリストに別の希望がありました。

その名も「メガミマガジン」。

まあ、本当に小さいキャラ説明ですが、
シスプリストは押さえておくべきとこですかね。

books201100810P1030017.jpg


お次は、べびプリ関連。


うむっ、カラペはどのページも、
取り上げるのをはばかれるビジュアルばかりです。

さて、イベント、発売ラッシュが終わったので、
まさかのクイズ大会でお茶を濁しておりますね。

まあ、回答の選択肢がなかなかに面白いので、
これはこれでいいんですが、
さて来月号は何しようかという感じになりますね。

そして、全部とはいきませんが、
グッズも晒しております、と。

仮面ライダーとか前のシリーズ終わると、
ホビー誌で全グッズをよく並べてますけど、
あのノリなんでしょうかね。

お、オワッテナイヨ。
これからですよ・・・ね?

books201100810P1030018.jpg

books201100810P1030019.jpg

しっかし、「モテ選手権」の結果が出ているので、
これをもっと大々的にやってもよかったんじゃないでしょうかね、と。

せっかく、みづきちさんが部門賞をとったというのに。
やったーカッコイイー!


そして、舞台は住み慣れたモノクロページへ。


まずは漫画。

ピカ×サメコのタッグは盲点でしたね。

どちらも相手には無い強さを持った者同士で、
普段はあまり噛み合っていないんだけど、
最後に根っこのところでカチリとハマる。

この近しい者同士でしかできない一連の流れが、
丁寧に描かれていたので、読んでいて小気味良かったです。

books201100810P1030020.jpg

ただ、マリ坊の圧倒的存在感により、
そんな内容だったことを薄れさせてしまうのは内緒ですよ。

books201100810P1030021.jpg



あと、印刷したものが勿体なかったのでこっそり送ったら、
そのイラストが掲載されてました。

ふむ、ってことは、
この先「べびプリスト」を名乗っても、
グーで殴られることはなくなったのかなぁ、と。

んー、パーではたかれる程度ですかね。

books201100810P1030022.jpg

あと、いつも5枚ハガキを送って、
必ずどれかが正解するというのに、
誌上ゲームの正解者にも載りました。

わーい、きっとイラストの名前を流用したんだぁ。

books201100810P1030026.jpg

books201100810P1030027.jpg

そういえば、この誌上ゲーム景品のイラストカード、
割と集まってきてはいるんですけど、
露骨にとあるキャラに固まるのは、誰もが通る道なんですかね。

books201100810P1030025.jpg


最後は、ラブライブ!関連。


情報で気になるのは「第3回総選挙」でしょうか。
このおかげで、4thシングルも期待できますからね。

んー、結果の予想が・・・つきませんねぇ。
とりあえず、選挙の結果ともども今後の動向が楽しみです。

あと、こっちもイラストをせっせと送ってるんですけど、
初回以降一向に載りませんね。

まあ、きっとネタばかりだからかなぁと。

くっ、文章は思いつかないので、
もう真面目なイラストを送るしかないのでしょうか。

books201100810P1030023.jpg

books201100810P1030024.jpg

そして、漫画は今月もハラショーです。

まあ、笹桐ゆうや先生の絵柄が、
イケメン路線に走っているのが若干気になりはしますがね。

テーマ : 雑誌(既刊~新創刊)
ジャンル : 本・雑誌

え?コロビジー




というわけで、
「月刊コロコロコミック8月号(2011)」です。


そろそろ本気で、遊ぶ時間を取るのが、
難しくなってきました。

んー、このたぎる気持ち、
コロコロでも斜め読みして落ち着けましょうかね。

まずは気になる玩具系の記事から。

books201100724P1020944.jpg

ベイ関連。

主なトピックスは、
新ユニコルのと新ランブー情報ですかね。

このところランブーが豪華になってましたが、
次の8月発売のランブーも、
珍しいものばかりで全種欲しくなりますよ。

ただ、アニメを見てないと、
何のこっちゃかわからないラインナップなんですけどね。

さすがに足立てんてーも、
今月号でフォローは不可でした。

あと、ラジコンベイの、
念押しプッシュが全く無いですね。
・・・売れてましたっけ?

books201100724P1020946.jpg

爆丸関連。

巨タウレスさん、まさかの占拠力の低さ。

しかし、逆三角形ボディーのおかげで、
大きく見えてしまうこのデザインは好きですね。

カラすけのグリフ兄弟デッキは、
カード上でゴチャゴチャするので、
3機目にいいかもしれませんね。

books201100724P1020947.jpg

ヨーヨー関連。

ほう、重いと良く回るのですか。
じゃあ、ヘビーブレインが一番やッ!

しかし、ハイパークラスターの進化としては、
玄人好みですなぁ。

books201100724P1020948.jpg

行け行け僕らのビーダマン関連。

連射至上主義ですか。

しかし、何でしょうかね、この手持無沙汰感は・・・。
まあ、アニメ化の表記が小さっさいからかなぁと

最近のビーダマンの記事のセンスは好きなんですが、
情報量と魅力が薄い感じがしますね。

books201100724P1020949.jpg

復興のNERF。

お久しぶりですね。
まあ、新製品はカラバリなんですが。

しかし、新型のシルエットもチラミー。

今後の動向にこうご期待です。

books201100724P1020950.jpg

チョロQハイブリッド「マッハギア」。

公式HPの映像を拝見したんですが、
通常前進のボタンの必要性がアッカリ~ンなんですけど。

あと、あまりスピード感も感動を覚えるほどのものでは・・・。

んー、リモコンベイと同じ香りが。
今後が少し心配ですかね。

books201100724P1020945.jpg

ダンボール戦機プラモ。

ジョーカーさん参戦ッ!
ジョーカーさん参戦ッ!
ジョーカーさん参戦ッ!

大事な機体なので3機買いました、
・・・ってことですね。

ふふっ、そんな手段に引っ掛かるクマー!


とまあ、気になる記事はこんなところで。
あとは漫画でも楽しみましょうか。


さて、以下はしょんぼり感想録です。
ネタバレを含みますので、
閲覧は自己責任でお願いします。

続きを読む

テーマ : 雑誌(既刊~新創刊)
ジャンル : 本・雑誌

ゆるよみ




というわけで、
「G's magazine 8月号(2011)」です。


そういえば、まだ語ってなかったですね、と。

この頃は週末くらいしかお暇が無いので、
雑誌語りが厳しいのですよ。

まあ、ちょいと日にちも経ってますし、
さくっとだけ見ておきましょうか。

しかし、お風呂ポスターのせいで、
だんだんと買いにくい表紙になってやしませんか。

book201100717P1020894.jpg


まずは、シスプリ関連。


そりゃ、読者ランキングのことですよね。
で、咲耶ちゃんが6票で13位にランクイン。

おめっとさんですっ!

先月号と同じ獲得票数で、同じ順位ですか。
勇者の方々は、安定供給の術でも開拓したのでしょうかね。

べびプリが終わらないように、
シスプリも終わりはせんっ、終わりはせんのですね。

book201100717P1020902.jpg


お次は、べびプリ関連。


イベント上映やDVD&BDの前とあってか、
OVAの内容の見どころをまとめてましたね。

しかし、ほぼ画像が載せられたモノじゃないって、
どんだけなんでしょうか。

総じて、予習用というよりは、
一度OVAを観てからこの記事を見ると楽しめるという感じですね。
・・・というか、この記事だけを眺めても謎なんですよ。

あと、いろいろと情報が載ってましたけど、
それはアニメや公式のWebとかでも出てて、
新規モノも無いので割愛、と。

book201100717P1020898.jpg

ただ、小説版の表紙テレカの通販が始まっていたのを忘れない。
何気にこのシリーズだけは集めてるんですよ。

book201100717P1020896.jpg

book201100717P1020895.jpg

book201100717P1020897.jpg

あと、コミカライズが、
まさかの2話の続きでした。

きっと、ピカしゃと深山先生の心が、
シンクロしてたんでしょうね・・・「かけない」というコトで。

しかし、相変わらずの痺れる服飾センスと俺の青空のカワイイさ、
Web日記同様、少しでも長く続いて欲しい作品です。

book201100717P1020903.jpg


最後は、ラブライブ!関連。


ユニットCDシリーズの最後となる「lily white」が始動です。

すでに試聴動画も上がってて拝見したんですが、
ジャケットのイメージに反して、中々に力強い曲調でした。
相変わらず、冒険心がお強いプロデューサーさんのようで。

ユニット展開もこれで終わりですが、
また違う組み合わせで見てみたい展開でした。

一応、来月発売の3rdシングルの記事もありましたが、
まだまだ情報不足でした。まあ、時期的にそれは次号ですかね。

book201100717P1020906.jpg

そして、待ち望んだファンコーナーがついに本格始動です。

投稿の1つ1つに、
各キャラによるコメントが付いちゃってますね。

これを「本気」と捉えるべきなのか、
「のっけから飛ばしてる」と捉えるべきなのか測りかねますな、と。

まあ何にせよ、絵師の方々が本気で立ち上がったため、
カラすけの突撃する隙間が無いのだけは理解しました。

んー、とりあえず、
来月号の「2コマ攻撃」が成功しているかどうかで、
動向を探っていくとしましょうか。

しかしまあ、関西勢力の投稿が弱いですね。
イベントが関東に偏りがちってせいもあるんでしょうか。
んー、そこらへんのフォローは何か考えているんでしょかね。

book201100717P1020907.jpg

あと、ついに「ラブカ」の使い道が判明しました。

どうやら、ポイント分のラブカを郵送するそうです。
もち、送ったラブカは返却されないというスパルタンX。
とんだ洗脳・搾取・虎の巻でしたよ。

ラブカにコレクション性をつけた意味を、
小一時間ほど尋ねてみたいモノですね。

でもまあ、部員員証までは頑張ってみるさっ!

book201100717P1020908.jpg

あと、コミカライズも始まるそうです。
は・・・早い。

でもまあ、
べびプリ4コマも結構早かったよう・・・おっと、アレは黒歴史でしたね。

まあ、いきなりこの3人をチョイスする鴇田先生に期待大ですよ。

book201100717P1020899.jpg

book201100717P1020900.jpg

book201100717P1020901.jpg

最後の最後に、
漫画は今月号も面白く頂きました。

いやはや、
安定した作品が多いなぁ、と。

ただ、ちょくちょく先生方が休載挟むのは、
心臓に悪いですけどね。

テーマ : 雑誌(既刊~新創刊)
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。