スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転!!バトえん塾 その13

「転!!バトえん塾」でありますッ!

今日も今日とて引き続き、
「エニックス版 ポケモンバトエン」から1本取り上げてご紹介していきましょう。

ッと、その前に、いつもの寄り道からですね。


さて、今回冒頭で取り上げる「属性タイプ」は、


バトえん20150808P8040001


「地面(じめん)タイプ」になります。


んー、「地面タイプ」との思い出はあまり無いですかね。

初代のポケモンリーグ対策で最初の頃は「ダグドリオ」を使っていましたけど、
その後「スピアー」でも良くない?と気付いたことで結局使わなくなりましたから。

まあ、どうでもいい話ですね。

勝手なイメージ的には「防御」重視な感じがしますが、
さて・・・どうなんでしょうか。

ではでは、まずは「相性」から見ておきましょうか。


バトえん20150808地面タイプ相性


①「水タイプ」に弱い

「水タイプ」のポケバトからはダメージを受けやすいぞ。


②「電気タイプ」に強い

「電気タイプ」のポケバトへはダメージを与えやすいぞ。


この辺はいつも通り特記すべき事象も無しですね、と。
あとは「地面タイプ」について個人的な見解ですね。


バトえん20150808P8040004


「サンドパン」 ●に10のダメージ


バトえん20150808P8040002


「サンドパン」 ★に10のダメージ


注目すべきはこれらの面ですかね。

なんかダメージ量が低いだけのただの面で、
何の特徴も無いように思えるかもしれませんが、
重要なのは「この2面以外の面」なんですよ。

実は「地面タイプ」、
最低ダメージである『10のダメージ』を与える面が、
この2面以外に無いんですよ。


バトえん20150808P8040005


つまり、他のダメージ面は「20」以上のダメージ単位となり、
ダメージのアベレージが他のタイプに比べて高いんですよッ・・・多分ね。
(手持ちの資料が足りないせいで確証は持てないんですよ)

あとは、あんまり属性タイプにこだわらずにダメージを与えられる技が多いですね。

なのでまあ、実はイメージに似合わず、
安定的にダメージを相手に与えられる「万能型」なんですよね。

初手のバトエンとして、
または終盤の詰めとして使っていけそうな属性タイプなのかもしれませんね。

と、寄り道はこの辺で、以下本編をどうぞ。


バトえん20150808P8040008


バトえん20150808P8040009


バトえん20150808P8040010


バトえん20150808P8040011


今回は「ポケットモンスターバトエン13」より「エレブー」です。


価格:350円(税別・他えんぴつ2本、わざマシンキャップ3個含)

販売:1998年?~?

販売元:株式会社エニックス(当時)

遊び方:2~4人プレイ推奨。
えんぴつを転がして相手にダメージを与え、最後まで残っていたプレイヤーの勝ち。

マーク:★
属性タイプ:電気タイプ


確か、転!!バトえん塾の第2回目で「カラすけが思う一番強いポケモンバトエン」をご紹介しましたが、
その後こうやって研鑽を積んでいるうちに「あッ、こっちも強いんじゃね?」と思うことがありましてね。

というわけで、今回はそんな「自薦(2代目)最強ポケバト エレブー」をご紹介していきましょう。

まずは、6面を見ていきましょうか。


・でんきショック 飛行タイプに40のダメージ(黄色背景)

・全員に10のダメージ・わざマシン

・でんきショック 全員に40のダメージ

・ひかりのかべ 自分の回までわざ無効・わざマシン

・でんきショック 飛行タイプに40のダメージ(黄色背景)

・ひかりのかべ 自分の回までわざ無効・わざマシン


さて、注目すべきはもちろん、


バトえん20150808P8080012


「ひかりのかべ 自分の回までわざ無効・わざマシン」ですね。


『ひかりのかべ 自分の回までわざ無効』については、
前回(第12回目)で取り上げた「ラプラス」の、
『しろいきり わざをうけなくなった』と同じなのでここでは省略と。

これが2面あるだけでも(高ダメージわざをほぼ防御できるので)割と強いのですが、
「エレブー」を最強たらしめる理由はその効果プラス、その後の文の『わざマシン』なんですよ。

『わざマシン』の効果についても、
「わざマシンキャップ」を取り上げたところで説明したのでここではまたもや省略と。


まあ、ここまでのお膳立てで既にお分かりだとは思いますが、
この「エレブー」、攻撃と防御を同時に行えるんですよ。

つまり、『ひかりのかべ 自分の回までわざ無効・わざマシン』の面が出れば、
自ターンまで防御でき、かつ「わざマシンキャップ」を装着できるので、
次回以降このターンが出た場合には、
自ターンまで防御でき、かつ「わざマシンキャップ」で攻撃が可能となるのです。

こんなチート面が2面もッ!?
「わざマシンキャップ」装着面に関しては3面もッ!?
・・・強くないっすかねぇ。


あと、こうチート的な、ワンパン的な、
理不尽な強さじゃないところがまたミソなんですよね。

ちゃんと段階を踏んで強くなっているので、
たとえね相手を負かせても気持ち良く終われるんじゃないだろうかと。

対戦後のフォローもバッチリッ、
故に「最強ポケバト」の器に相応しい、そう思うわけです。


バトえん20150808P8080013


ちなみに、オススメのわざマシンキャップは、
パックに同梱されていて、公式でも推奨の「いわなだれ」ですかね。


・全員に40のダメージ 次の人は休み

・ミス

・ミス

・全員に40のダメージ 次の人は休み

・ミス

・ミス


バトえん20150808P8080015


「全員に40のダメージ 次の人は休み」


ミス面が多いんですけど、
ダメージを与えつつ「次の人は休み」にするという攻防に優れたわざが強いんですよ。

これを「ひかりのかべ」の面以外のところに合わせて、
絶対無敵に素敵な面を作っちゃいましょう!

まあ、この他に同梱されている「サイコキネシス」でも、
「全員に50のダメージ 次の1回わざ無効」という面があるんですけれども、
この場合「おたすけケシゴム」で回復やえんぴつ交換など、
相手に何かをさせる機会を与えますからね、「いわなだれ」の方が好ましいのかなぁ、と。


<まとめ>

攻撃と防御を同時にこなす優秀なバトエンですが、
そのためにはターンを重ねて準備をする必要があるため、
先手として出して、そのまま終わりまで使い続けるのが一番かなぁと。

初心者から上級者まで、
とにかく勝ちを求める人にはピッタリな1本かと。


では、今回はこの辺で。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

鈴凛ちゃん、お誕生日おめでとう!

鈴凛ちゃん生誕祭2015


というわけで、先日(7/9)は、
鈴凛ちゃんのお誕生日でした。


鈴凛ちゃん、お誕生日おめでとうッ!


うん、もう・・・遅かりし由良之助やんね。

まあ、言い訳を言うならば、
ちょいと前に新しいペンタブを買ったんですよ。

それで書き味がガラリア・ニャムヒーと変わりましてね、
馴れるまで遊んでいたらこんな暑い時代になっていた・・・そういうワケです。

まあ、ものっそい個人的な事情で、
言い訳にもならないですね。
ごめんね、鈴凛ちゃん。

しっかし、この新しいペンタブは凄いよッ、
さすがは先代(5、6年前くらい)のお兄ちゃん(?)!


ちー様ぁ


ぐぬぬぬぬぬ



しばらくは質より量で表に出せそうなモノは描けそうにはありませんが、
楽しくラクガキできそうです。


とまあ、何言ってんでしょうか。


とりあえず最後にもう一度お祝いをば。
鈴凛ちゃんお誕生日おめでとう!・・・でした。

四葉ちゃん、お誕生日おめでとう!

四葉ちゃん生誕祭2015


というわけで、先日(6/21)は、
四葉ちゃんのお誕生日です。


四葉ちゃん、お誕生日おめでとうッ!


ふと、「怪盗クローバー」の衣装って四葉ちゃんの自作だったっけなぁ?
とかナントカ考え込んでいたら余裕のタイムオーバーでしたね・・・・・・うん、ゴメンね。

結局調べても答えは出ませんでしたので、
脳内設定で「自作」と私が決めたッ今決めたッ!と。

そうするとデスね・・・、
中々女子力が高くなってデスよ・・・、
普段はあんなんなのにデスよ・・・、
ギャップがデスね・・・、
最高やな、と。


とまあ、何言ってんでしょうか。


とりあえず最後にもう一度お祝いをば。
四葉ちゃんお誕生日おめでとう!・・・でした。

PARTY☆NIGHT

ビンゴパーティー20150524P5240062


というわけで、
「ディズニーキャラクター ビンゴパーティー」です。


販売年:不明

販売元:株式会社トミー

価格 :2,980円(当時・税別)


ディズニーの人気キャラクター「ミッキー○ウス」、
そちらをあしらったビンゴゲーム玩具ですね。

何故か、突如ビンゴゲームがしたくなったので、
ご近所のマウンテンサイクルより中古品を発掘してまいりました。

しっかし考えてみると、学校の行事にしろ町内会等のイベントにしろ、
一度もビンゴゲーム中に「ビンゴ」を達成した記憶が無いですねぇ。

いつもカラすけがダブルやトリプルリーチで盛り上がっている最中に、
景品が無くなってゲーム終了という感じでしたからね。

なので今宵こそはッ・・・と、
幼少の頃に経験できなかったあの快感を味わうことに致しましょう。


ビンゴパーティー20150524P5240063


ビンゴパーティー20150524P5240064


で、その偉業達成のパートナーがこちらの今回ご紹介する玩具ですね。

外箱の説明を見てわかるように、
ビンゴゲームのキモである「番号の選定」、そちらを行っていただけます。

まずは、こちらをちょいとご紹介していきましょうかね。


ビンゴパーティー20150524P5240066


内容物としては、
「ビンゴマシン本体」、「ナンバーボール(1~75、&予備5個)」、
「取扱い説明書」、「ビンゴカード(30枚)」、「ビンゴボード」になりますね。

しかし、今回は中古品になりまして、
「ビンゴカード(30枚)」が付属しておりませんでした。

この玩具だけの特製ビンゴカードだったそうですが、
まあ致し方ないですね、消耗品ですから。

さて、ここで注目すべきは本体ですね、
じっくり見ていきましょうか。


ビンゴパーティー20150524P5240067


まずは正面。

ビンゴマシーンのガラガラ棒(?)を持ってミッキーがスタンバッテいます。


ビンゴパーティー20150524P5240068


先の外箱からの情報でわかるように、
こちらのミッキーがガラガラ棒を回すギミックがあります。

ミッキーの造形は外箱のイラストに忠実です。

この玩具は発売時期が不明なんですが、
瞳の処理が「オールドミッキー」を彷彿させ、ちょいとクラシックな感じがしますので、
割と古めのものかもしれませんね。

あと、ミッキーの前には「プッシュボタン」が。

こちらのボタンが「電源」兼「番号選定ギミックの開始」の役割を担っております。


ビンゴパーティー20150524P5240069


お次は横から。

ミッキーの丸みを帯びたデザインが可愛いですね。
正面とは違った一面が垣間見れます。


ビンゴパーティー20150524P5240070


背後。

特にこれといった所はありませんが、
背後から見ても「それ」とわかるシルエットを見るに、
キャラクターづくりの素晴らしさを改めて感じさせますね。


ビンゴパーティー20150524P5240071


最後は底面。

電源(電池)ボックスのフタがありますね。
こちらから電池をセットします。


ビンゴパーティー20150524P5240072


必要となる電池は「単2乾電池 1本」と、
テーブルに置く玩具にしてはスッキリしている気がしますね。

「単3乾電池 4本」とか要求してくる輩は見習うべきですよ。


さて、本体を一通り見終わりましたので、遊んでいきましょうかね。
さあッ、素敵なビンゴパーティー始めましょ!


ビンゴパーティー20150524P5240073


・・・と、その前に、
付属品に無い「ビンゴカード」を「100均」で調達してきました。

コレが無いと始まりませんからね。
でも、「100均」で買ったのは・・・少し後悔しました。

それは何故かというと、
穴を開けるの手ごたえが「軽い」んですよね。

ビンゴってのは、
「ビンゴカード」の穴を開ける際のちょっとグッとするあの感じ、
あの何とも言えない「確かな手ごたえ」も楽しみのひとつですからね、
それが弱いのはちょいと失敗でしたねぇ。

しっかし、この「ビンゴカード」、
今更気が付いた事実があるんですが・・・。


ビンゴパーティー20150524P5240074


それぞれ縦列ごとに、
記載される番号って決まってるんですね。

そりゃあ、ある程度進行すると、
ドバっとビンゴ達成者が増えるわけやんね。なるほど。

これを子どもの頃に知ってれば、
「こいつらどっから湧いてきやがったッ!」とか思わずに、
心にゆとりもできていたでしょうに・・・。

兎にも角にも、準備はこれでオケオケオッケー!
さて、「ビンゴを達成するまで眠れま10」開始致しましょうか。


ビンゴパーティー20150524P5240080


まずは最初の第一球ッ・・・・・・は、
「プッシュボタン」を押して決めます。

押下すると電源が入り、


ビンゴパーティー20150524P5240075


ミッキーが何度かガラガラ棒を回して、


ビンゴパーティー20150524P5240076


1~75番の番号のいずれかが記載された球を1つ排出します。
あと、このとき電源も落ちます。

これを繰り返して、ビンゴゲームを楽しむわけです。

玩具の楽しみ方としては以上ですね。

ですが、ミッキーがガラガラ棒を回してみせるギミックは見ていて面白く、
一種のディズニーグッズというかインテリアというか、
そういう楽しみ方もありなんじゃないでしょうかね、と。


ビンゴパーティー20150524P5240079


あと、「球の排出」ギミックもちょいと面白いですね。

次に排出される球は、
既に黄色いパーツ内部にセットされているんですよ。

どうも、先にセットされていた球が出ていくと、
次にその位置に入った球がセットとされるらしいですね。

なので、動きとしては、
ボタン押下すると何度かガラガラを回すんですけど、
その動作中には球を選定するんじゃなくて、
セットされている球を外に出しているってのが正しいんじゃなかろうかと。


ビンゴパーティー20150524P5240083


で、外に球を出す方法、
そちらも少し面白いのでご紹介、と。

ガラガラの黄色いパーツには、
外に棒状のものが飛び出しているんですが、
その棒状のパーツに触れると球が排出されるんですよ。

所謂、ストッパー的な役割ですね。


ビンゴパーティー20150524P5240082


ビンゴパーティー20150524P5240081


なので、球を外に出すには、
そのストッパーに触れればいいわけですね。

そこで考え出された方法が、
ガラガラが何回転かしたらストッパーに触れるように、
本体下部から棒のようなモノが出るというものです。

単純にして明快ッ、何とも小気味よい仕掛けです。
この辺も見ていて面白いですね。何度でも見てられますよ。


ビンゴパーティー20150524P5240078


でもまあ、それよりも今は、
初体験に向けて勤しみますかね。


ビンゴパーティー20150524P5240086


「ディズニーキャラクター ビンゴパーティー」でした。


ビンゴ玩具とはいいつつも、
キャラクター玩具としても中々に優秀なものでしたね。

まあ、惜しむらくは、可動時に結構なモーター音と可動音がするので、
一人部屋にこもって遊ぶ分には周りご近所様に気を使わなければならない点でしょうか。
パーティー会場等では問題ないでしょうが、ね。


しっかし、このビンゴ玩具、
調べてみると、最近では目新しいモノは作られていないように感じますね。

昔は、無理やっこいろんなキャラクターと絡ませて、
結構な数がつくられていたような気がするんですが・・・。

まあ、数字を選定するだけなら「パソコン」や「アプリ」等でできますし、
あと、そんなに売れるジャンルではないですからねぇ。

某「地球ゴマ」のように無くなったりはしないでしょうが、
改めて遊んでみると割と楽しい玩具ですから、
どこかでちょいと盛り上がるようなネタが欲しいものですねぇ。


ビンゴの景品

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

有終の「V」を飾れ 後編

prev 有終の「V」を飾れ 前編




ブイコン20150518P5180037


というわけで、
「キャラクターバトルゲーム ブイコン」の続きです。


ブイコン20150518P5180036


前回は内容物の紹介のみで終わりましたので、
今回はきちっと遊び方を見ていきましょう。


ブイコン20150518P5180034


行くぞ、電池の貯蔵は十分だッ!


ブイコン20150518P5180033


電池は前回ご紹介したとおり裏面にセットしていきます。

これにより電池分の重量が増し、本体の安定感が増します。
遊んでいる時でもグラグラしなくなりますね。

「バーコードバトラー」然り、
テーブルに置いて遊ぶ玩具はおおよそこの手法を取ってますね。

無駄な重りなどを入れずに済むので経済的なんでしょうね。


ブイコン20150518P5180039


さて、電池も入れたことですし、
電源スイッチを入れましょうか。

本体に押し込むことで「オン」となります。

ではでは、青春スイッチオンッ!!


ブイコン20150518P5180038


・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・ん?反応が無いですね。


ブイコン20150518P5180040


各モニターやライトにも特に反応なしですか・・・。
ちょいと説明書をもう一度確認してみますね。


ブイコン20150518P5180041


えーっと、どうやら本体に「ブイコン戦士」をセットする部分があるんですが、
どうやらそこにブイコン戦士をセットしないと電源が入らない仕様らしいです。

んー、直観的にはわかりにくい仕様ですね。
中古・説明書無しで購入した場合、不良品に間違われそうです。


ブイコン20150518P5180043


さて、その「ブイコン戦士」、内容物に含まれてもいますが、
せっかくなので別売りの「キャラクターブイコン戦士」を使ってみましょうか。

ちなみに、種類としては先のようなキャラクターフィギュアタイプと、


ブイコン20150518img410


石盤状のタイプの2種類があります。

違いとしては、フィギュアタイプのエネルギーが「3000」で、
石盤タイプのエネルギーが「5000」です

エネルギーについては後々説明いたします。

あと、お値段は、どちらとも当時おひとつ1,000円(税別)です。

これが高いのか安いのか、判断は各自にお任せ致します。
カラすけは・・・厳しいと思いますね。


ブイコン20150518P5180044


ちょいと「キャラクターブイコン戦士」についても補足と。

内容物は「ブイコン戦士 本体」と「カタログ」ですね。


ブイコン20150518P5180047


ブイコン20150518P5180046


フィギュアのデキとしては、
SDチックですが特徴を捉えていて中々のモノではないかと。

「ガンダム」系統とかは配色も頑張ってて素晴らしいですよ。


ブイコン20150518P5180048


本体の下には、ブイコン本体に接続するための端子があります。
このために、キャラクターが台座に乗っているんですよね。

とまあ、見るべき点はこんなところかと。

では、本体にセットしましょうか。


ブイコン20150518P5180050


ブイコン戦士をセットするには向きがあるそうで、
互いに相手に向き合うようにセットします。

さて、これでやっとこさ準備完了です。

ではでは、遊んでいきましょうか、スイッチオン!!


ブイコン20150518P5180053


見事電源が入りましたね、
ランプと「ピロッ」という通電音が鳴りますよ。


ブイコン20150518P5180052


まずは「モードセレクト」ですね。

1人遊び用の「COM対戦」と、
2人遊び用の「2P対戦」と2つあります。

今回は「COM対戦」モードで。

ちなみに、「COM対戦」モードでも「ブイコン戦士」は2体必要です。
うん、嫌な予感がしてきましたね。


ブイコン20150518P5180053


次は「バトルレンジ」を決定します。

バトル・・・レンジ、
うんッ、なんのこっちゃ?・・・ですね。

まあ、簡単いえば、
「勝敗が決まった時に増減するエネルギーポイント」です。

「2P対戦」の場合だと、互いの合意のもと決めます。

「バトルレンジ」の種類は全部で3つ。

中央の「バトルレンジ」ボタンを押下する度に、


ブイコン20150518P5180054


「100」、


ブイコン20150518P5180055


「200」、


ブイコン20150518P5180056


「300」と変わります。

ちなみに、「300」からもう一度押下すると「100」へと、
3種類でループします。

ここで「バトルレンジ」が決まったら、


ブイコン20150518P5180057


互いの「バトル」ボタンを同時に押下して決定します。

そう・・・同時にね。

同時に押下しなければ決定できません。
何ですかね、この仕様。

当然、「COM対戦」の時も同時に押下しなければ決定できません。
何ですかね、この仕様。

まッ、まあ、進めていきましょうか。


ブイコン20150518P5180058


「バトルレンジ」は、
今回「100」に決めました。


ブイコン20150518P5180059


で、お次はその「バトルレンジ」を、
「AT」、「SP」、「DF」に「10単位」で振り分けます。

説明書的には「パラメータを振り分ける」行為らしいです。

いろいろなキャラクターがあるのに、
パラメータは自分で作らせるんですね・・・ちょいとメンドイぞ。

うん、この辺はもう「バーコードバトラー」とは別物になってますね。

で、ここまで(パラメータの振り分けまで)できたら、
また「バトル」ボタンを同時に押下して、ついぞバトル開始です。

フフフッ、このパラメータを元に激しいバトルを繰り広げ・・・ん?



・・・何か「WIN」が出て終わってますね。
え?結果として何をやってたの?


ブイコン20150518img408


どうもやってることが、
各パラメータを相手と比べて「大きい」方が勝ちらしく、
3種類のパラメータの勝敗数で勝ち負けが決まるようです。



うんッ、紙と鉛筆があればできるね!



これは・・・お高い金額を出してやるほどの事なのかね。
キャラクターの意味はあったのかね。

いかん、考えるな感じるんだ。


ブイコン20150518img409


ちなみに、勝敗が1勝1敗1引き分けの場合は、
「1勝」しているパラメータに注目し、
それを「3すくみ」の法則に当てはめ勝敗を決めるそうな。

各パラメータが全く同じ場合は、完全に引き分けなるようです。


ブイコン20150518img409 (2)


で、勝負が終わると、
エネルギーの移動が行われます。

この時のエネルギー量は最初に決めた「バトルレンジ」の数だけです。

今回の場合、勝ったカラすけ側に「100」の増加が、
負けた側が「100」の減少になります。

引き分けの場合は増減なしです。

ここで先に「キャラクター ブイコン戦士」の段で述べていたエネルギーのお話ですが、
まあぶっちゃけ「参加費」ですね。それだけです。


ブイコン20150518img407


エネルギーは無くなっちゃうと、何とゲームができなくなるんですよ。

で、そこでの公式での救済措置なんですが・・・、


新しい「ブイコン戦士」を買おうね!


というもの。

嗚呼、これが・・・課金プレイというやつなのか。


ブイコン20150518P5180060


「キャラクターバトルゲーム ブイコン」でした。


「バーコードバトラー」と似ているという前振りでご紹介してきましたが、
内容は似て非なるモノでしたね。しかも、ちょいとヒドいと・・・な、と。

外箱から溢れ出るワクワク感は凄かったんですけどねぇ。

でも、「たまごっち」が流行した時には類似品が氾濫してましたが、
そうはならず、独自のシステムを持って挑んできた様は大いに評価したいですね。

惜しむらくは、各キャラクターの特性をゲームに取りこむコトができれば、
もう少し変わっていたのかもしれません。

現状では、ただのメモリーカードですから、
集める楽しさもへったくれもあまりありませんからね。

でもまあ、たまにはこういう残念な玩具で遊ぶのも悪くないですね。
良い面や悪い面、いろんなコトを考えさせてくれますから。





こちらも前回からの続きです。
いつぞやのイベントで頒布したコピー本の内容ですな。

ここから先は玩具の登場がめっきり無くなりますので、
やる気がほとんどなくなっておりますね。驚きの白さってやつですよ。

これ以降の最終的なオチも、
単純にバーコードバトラーをダシに使って仲直りという単純なものなので、
続きは描かなくていいかなぁ・・・とかなんとか。


GR9_11.jpg


GR9_12.jpg


GR9_13.jpg


GR9_14.jpg


GR9_15.jpg


GR9_16.jpg


GR9_17.jpg


GR9_18.jpg


GR9_19.jpg


GR9_20.jpg

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

春歌ちゃん、お誕生日おめでとう!

春歌ちゃん生誕祭2015


というわけで、本日(5/16)は、
春歌ちゃんのお誕生日です。


春歌ちゃん、お誕生日おめでとうッ!


何故かいつも得物を持たせた絵ばかりだったので、
たまには徒手で可愛らしさを強調して・・・って、
アイエエエ!?何か強そうナンデ!?

「フロムウニメイシヨン」とか始まりそうな感じですね。
まあ、某「四女」さんの成分が入っちゃてるせいなんですが・・・。

そういえば、次回「ゴッドオンリー」の開催の日取りがとうの昔に決まっていたようですね。

確か前回の参加の折には・・・・・・頒布時間が10分も無かったんでしたっけ。
うん、トラ・トラ・トラウマもんやったんね。

なので、次こそはッ・・・ですね。


とまあ、何言ってんでしょうか。


とりあえず最後にもう一度お祝いをば。
春歌ちゃんお誕生日おめでとう!・・・でした。

転!!バトえん塾 その12

お控えなすってッ!!「転!!バトえん塾」です。

今回冒頭で取り上げる「属性タイプ」は、


ポケモンバトエン20150514P5140002


「水(みず)タイプ」になります。


初代から続く御三家の一角「水タイプ」。
イメージ的に、何かこう「防御」に強そうというのがあるんですが、果たして。

まずは「相性」から見ておきましょうか。


ポケモンバトエン20150514水タイプ


①「草タイプ」に弱い

「草タイプ」のポケバトからはダメージを受けやすいぞ。


②「炎タイプ」に強い

「炎タイプ」のポケバトへはダメージを与えやすいぞ。


この辺はいつも通り特記すべき事象も無しですね、と。
あとは「水タイプ」について個人的な見解ですね。


ポケモンバトエン20150514P5140004


「シェルダー・パルシェン」 ちょうおんぱ 全員こんらんした


ポケモンバトエン20150514P5140005


「ラプラス」 しろいきり わざをうけなくなった


ポケモンバトエン20150514P5140006


「タッツー・シードラ」 えんまく 次の1回ノーダメージ


ポケモンバトエン20150514P5140007


「カメックス」 からにこもる 次の1回ノーダメージ


うん、相手に何をされても影響が出ない技の多いコト多いコト、
やはり当初の予想通り「防御」に秀でたタイプですかね。

ただ、それだけでは無くて、


ポケモンバトエン20150514P5140008


ポケモンバトエン20150514P5140009


ポケモンバトエン20150514P5140010


結構火力の高いえんぴつが多いんですよね。

なので、初手から出してもそのまま割と勝ちを拾えそうなんですよ。
まあ、流石御三家の属性といったところでしょうか。


ポケモンバトエン20150514P5140011


あとは、カラすけの蒐集が足らないだけかもしれませんが、
上下段の進化系えんぴつが多いのも特徴かなぁ、とも。

でも、えんぴつ交換を行うと進化分が元に戻っちゃうんですよね。

なのでまあ、「水タイプ」を使う際は、
割と「交換をしない」という方針の元使うのが良さそうです。


と、横道はこの辺で、以下本編をどうぞ。


ポケモンバトエン20150514P5140012


ポケモンバトエン20150514P5140015


ポケモンバトエン20150514P5140016


今回は「ポケットモンスターバトエン?」より「ラプラス」です。


価格:不明(内容物不明)

販売:1998年?~?

販売元:株式会社エニックス(当時)

遊び方:2~4人プレイ推奨。
えんぴつを転がして相手にダメージを与え、最後まで残っていたプレイヤーの勝ち。

マーク:★
属性タイプ:水タイプ


冒頭の「水タイプ」のご紹介の所でもちょろっと挙げたんですが、
「とある技」について効果を説明しないと意味不明なところがありますからね。

では、いつも通り6面を眺めながら、気になる面でも見ていきましょうか。


・★に20のダメージ(黄色背景)

・みずでっぽう 「炎タイプ」に40のダメージ

・しろいきり わざをうけなくなった

・●に20のダメージ(黄色背景)

・みずでっぽう 「炎タイプ」に40のダメージ

・れいとうビーム 全員に50のダメージ


ポケモンバトエン20150514P5140018


『みずでっぽう 「炎タイプ」に40のダメージ』


この辺は「水タイプ」の特徴である「炎タイプ」に強い所が出てますね。

ただ、タイプ別への攻撃が2面だけなので、
属性を突くにゃあ弱いやもです。


ポケモンバトエン20150514P5140017


『れいとうビーム 全員に50のダメージ』


「氷タイプ」が無いので「れいとうビーム」が全員への攻撃になってます。
しかも、結構お強い、と。初手から6分の1で出せるってのは中々の脅威ですからね。


ポケモンバトエン20150514P5140019


『しろいきり わざをうけなくなった』


んで、この面が今回の目玉ですね。
効果としては文章の通り「わざ」を受けなくなるんですよ。

うん、「わざ」?「わざ」って何さ?


ポケモンバトエン20150514img406
(↑クリックで大きくなります)


ふりむかないことさ・・・ではなくて、
上記の表のように「わざの名前」が書いてある攻撃、
それらに対して効果やダメージを受けなくんなるんですよ。

なので、単なる「全員に○○ダメージ」や、
「●」や「★」などのマーク別攻撃などに対しては普通にダメージを受けます。

無敵・・・ではないので、正直弱いんでないの?と思われがちですが、
高ダメージの面は大概「わざ」が絡んでくるので、実質割と防御としては使えますね。

特に、ネガティブキャップの装着や「だいばくはつ」を回避できるのは良いですよ。


<まとめ>

属性や全体に対する高い攻撃力に、優れた防御手段と、
攻守ともにバランスが取れてますね。

進化も無いのでえんぴつ交換もしやすいですから、
先手として出せば良い働きをするのではないでしょうか。

ただまあ、得意とする属性以外にはパンチが弱いのと、
防御をするには先にわざを仕掛けなければいけない点から、
終盤では使いづらいかもしれませんね。

なので、ゲームの流れを読んで戦える中~上級者向けの1本といったところでしょうか。


では、今回はこの辺で。
プロフィール

カラすけ

Author:カラすけ
どうも。
勝手気ままにやってます。
Since 09/06/17

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。